加速上達して最短最速で100を切るゴルフ!【プロから直接教わった極意】

プロとの出会いから…私のゴルフは180度変わりました!プロから直接教わった極意を惜しみなくお伝えしていきます!

2005年05月

ハーフル・ショット実録(3)


かなり腰の調子がよくなってきた【ごるふろぐ】のアツです(汗)。
健康って本当にありがたいですね。
つくづくそう…感じます。

連載しています!私の“ハーフル・ショット”!!
どうか…見てやって下さい。

第三回目の『ハーフル・ショット実録』は…トップ・オブ・スイングです。



使用クラブ:7番アイアン(キャロウェイX-14
トップ編


dea3fc82.JPG





■スタンスは狭く
■ボールはスタンス中央
■右ひざの角度を維持する
■左肩をあごの下に入れる
■腕が地面と水平になるまで上げる(写真はオーバー気味)
■腕は曲げず、またピンと伸ばさず
■コッキングが完成する(手首の角度90°)
■右足(内側)にほぼ全体重を乗せる



連載させていただきます!
『ハーフル・ショット実録』
次回は、【ダウンスイング編】です!

また、よろしければお立ち寄り下さい。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

出揃った!全米OP!日本選手!


やりました!深堀プロ!

男子ゴルフ界の貴公子でしょう…深堀プロが全米OPゴルフの
出場権を獲得しました。

全米OP選手権への最終予選が30日、兵庫県の小野GCで行われました。
36ホールのストロークプレーで…深堀プロが3位となり本戦出場権を獲得
しました!

全米OPの予選会が本場米国以外で行われたのは初めてだそうです…これも
スゴイことですね。その国が日本であったことがもっとスゴイ。


これで日本選手が出揃いました!

■丸山茂樹プロ
■片山晋呉プロ
■谷口徹 プロ
■深堀圭一郎プロ


以上、4選手です。頑張ってほしいですね。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ハーフル・ショット実録(2)


まだコルセットがはずせない【ごるふろぐ】のアツです(汗)。
腰は体の要…大事にしたいものです。

何度か私流“ハーフル・ショット”についてゴチャゴチャ書いていますが、
書いている本人が実際にどんな風にスイングしているか…連載させて頂きます!
どうか…見てやって下さい。

第二回目の『ハーフル・ショット実録』は…テークバックです。


使用クラブ:7番アイアン
テークバック編

3c99f20c.JPG





■スタンスは狭く
■ボールはスタンス中央
■右ひざの角度を維持する
■始動(チン・バック)をスムーズに
■左肩をあごの下に入れる
■ヘッドの重さを感じながら腕が上がっていく
■コッキングが始まる
■どこに上げるか(トップ)は考えない



連載させていただきます!
ハーフル・ショット実録
次回は、【トップ編】です!

また、よろしければお立ち寄り下さい。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ゴルフの起源って?


ゴルフを愛する者の一人として…もっとゴルフのことを知りたいと
思います。

さて、あなたは“ゴルフの起源”ってご存知ですか?
全英オープンが行われる時期には…いつも耳にしませんか?

“スコットランドはゴルフ発祥の地”

しかし、これには定説はないようです。
以下、3つの説をまとめてみました。雑学ですが…興味深いですね。

■スコットランド説
一番メジャーな説ですね。
この説では、スコットランドの羊飼い達が自然発生的に、そして本能的に丸い石や木球
を打って遊び、それが次第に発達したものがゴルフだという説です。
スコットランドの古語golfgoffが語源と言われています。

■オランダ説
オランダに発祥したヘットコルベンという球技から、ゴルフの原型が生まれ、それが
船乗りや貿易商によって、スコットランドに持ち込まれたという説です。
オランダ語のcalfが語源と言われています。

■その他
ローマ帝国のJ・シーザーがBC55年、スコットランド迄領土を拡大したとき、パガニアという革製羽毛球を打つ球技を伝え、土着化したという説です。
ラテン語のglobeが語源と言われています。


今日、分かっていることとして、14〜15世紀にスコットランドで盛んに行われていたことは間違いないようです。

いずれが定説であろうとも、ゴルフというスポーツがこの世に生まれ、人々に
親しまれていったことに…喜びと幸せを感じます。

また、ゴルフに関する雑学をお伝えしていきますね。
お楽しみに!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ハーフル・ショット実録(1)

こんにちは!腰の痛いアツです。
本当に…シャレになりません。

でもブログを更新するときは…そんな痛みなんか忘れています(笑)

今回は、ギックリになる前に撮影した映像をかいつまんでレポート
させて頂きます。

私のスイング…掲載させていただきます。
何度か“ハーフル・ショット”についてゴチャゴチャ書いていますが、
書いている本人が実際にどんな風にスイングしているか…
連載させて頂きますので…どうか見てやって下さい。

使用クラブ:7番アイアン
アドレス編

3f8f2c1d.JPG





■スタンスは狭く
■ボールはスタンス中央
■腕に余裕を持たせる
■背筋を伸ばす
■お尻を後ろにつき出す
■ひざの角度を維持する
■ワッグルで上半身リラックス
■あごを浮かせる(今はもっと浮かせています)



連載させていただきます!
『ハーフル・ショット実録』

次回は、【テークバック編】です!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

”ギックリ腰”対処

(つづき)
というわけで…花粉症からの“くしゃみ”で腰を痛めた私ですが…
先週末、またやってしまいました。

くしゃみで2回目の腰痛…

油断してました…のけぞった体勢でくしゃみしてしまい…ギクリ。
今は…以下のコルセットと湿布、それに鎮痛剤でしのいでいます。


9312764c.JPG


お医者さんのコルセット




本当に…腰をやってしまうと大変です。
立てませんし…どんな体勢をとっても激痛。
動けませんし…何をしても激痛。


しばらくゴルフの練習はお預けです。
気持ちでブログを書き続けていきますので…どうぞご理解下さい。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

腰痛と花粉症とゴルフ関係(1)


私は花粉症です。
もう4年ほどのキャリアですね(涙)
毎年春先(4月〜5月)、鼻水とくしゃみに悩まされます。

この辛さ…患った人しか分からない
(病気は全てそうですね…)

今年も例外なく悩まされました。
そして…最悪な事態にもなりました。

4月初め、仕事中に強烈なくしゃみをしたことで…腰を痛めて
しまいました。
もともとギックリ腰を1回やったこともあり、腰には自信がなかった
んですが…まさか、くしゃみでぶりかえすとは…(トホホです)

整形外科にいき事情を話すると、よくあるケースだとか。

くしゃみは、瞬間的にもの凄いパワーを発するようです
つまり、そのパワーを体で受け止めている…くしゃみは時速320キロ…
新幹線の時速や台風の瞬間風速より速い!こんな速さの風を起こしているわけ
ですから、その分、体に負荷がかかっていることになります。
不用意にくしゃみをすると特に腰に大きな負担がかかり、そのため“ギックリ腰”
“椎間板ヘルニア”になるというわけです。


診察を受けた私は、ヘルニアではなかったんですが…腰が、もうギックリ腰に
なりやすくなっていると説明を受けました…一生つきあっていきなさいと…
(あ〜まだ35歳です…トホホ)

加えて、腰をくしゃみから守るための、くしゃみの方法も教わりました。
『くしゃみが出そうになったら、壁に手を付け、膝を少しかがめる』

また毎日少しずつ、腹筋、背筋を鍛えることも大事とのこと。
腰痛体操、腰に負担のかからないウオーキング、水泳、水中歩行なども!


大事にしたいですね…腰。
腰を痛めると…大好きなゴルフもできません。
腰痛持ちの方も多いと思います。
大事にしたいですね。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

恥ずかしながら…私のギア

2f252a02.JPG
まだゴルフがし足りない私ですが…ゴルフクラブへの
興味やこだわり、それに物欲は増す一方です。

今回は、私の現在のセッティングを書かせて頂きます。
ま〜、見てやって下さい。
(経済的に新品の購入はありません。だから、全て中古クラブです!)



【マイ・ギア】
1W タイトリスト 975J(EI−70 S)
4W ダンロップ ゼクシオ機淵張◆璽屮薀奪 S)
7W テーラーメード ファイヤーソール(NS950FW S)
5I〜PW キャロウェイ X−14(CWスチール SR)
AW ダンロップ ゼクシオ供複裡咤坑毅娃韮函。咫
SW クルーズ トリプルソール(NS950GH 57°)
PT オデッセイ2ボール DFX(34インチ)

【コメント集】
1W 先日の衝動買い!まだ打っていません…打てないんです(涙)
4W かなり使えます。得意でなかったフェアウェイウッドも武器に!
7W これは絶対に手放せません…重宝しています。
5I〜PW 友人とゼクシオ兇氾価交換したものです。これからです!
AW これも…友人の手に渡ってしまうと思います。
SW まあまあ気に入っていますが…浮気心大!
PT 当分、これでいきます!2ボールの打ち方が分かってきましたから!

とにかく、クラブ大好きです!
さすがに商売されている方に比べれば、知識や技術なんて足元にもおよび
ませんが…。
でも、これからもクラブへの探究心を大切にしていきたいと思います。

めざせ!ハッグーさん!!
14本の仲間たち
いつも貴重な情報、ありがとうございます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

見ごたえのあった三菱ダイヤモンドカップ!


テレビにかじりついていました。
練習にいけない体になってしまい…テレビが支えでした。
(このことは、後日ブログで書かせて頂きます(汗))

それにしても…難コースというだけあって、プロがあんなにも簡単に
ボギーを叩いてしまうシーンがたくさんありました。
それだけ、上位成績者の実力はスゴイという証になるんでしょうね。

優勝は伏兵…I・J・ジャン(韓国)。誰が予想したことでしょう…
韓国プロゴルフの賞金王とのことですが、日本ツアーでは無名の選手。
しかし、さすがといいますか…派手さはありませんが正確無比のショット
には余裕が感じられました。
ジャンのスイングをじっと見ていましたが…とてもシンプルワンピース
しっかり頭を残してフォロースルーをするオーソドックスなスイングでした。
肩をしっかり入れたテークバックも、とっても勉強になります。
下半身の強さも感じられ…今後の期待もかなり大きく感じました。
パターも正確でしたね。

さて、そんなジャンに対し日本勢も果敢に攻めていました。
注目は…3人のプロ。

■片山晋呉プロ結果は2位でしたが、相変わらず派手はパフォーマンス…いや〜ナイキが
板についてきました!二枚目の深堀プロよりも…ナイキがよく似合う(?)
今日は最終日ということもあり、黄色でトータルコーディネート。ナイキの
黒いスウォッシュのマークが特に目立っていました。
片山プロの頭には…6月の全米オープンのことがしっかり意識されていました。
今回の内容は、その弾みにもなるものだったんでしょうね…その精悍な顔は
物語っていました。
↓↓↓片山プロ使用モデルはこちら
ナイキ【片山プロモデル】
ナイキ【片山プロモデル】 Dri-Fit モック

■川岸良兼プロ片山プロと同じ2位でフィニッシュ!最終ホール18番のバンカーからのイーグルは
見事でした…鳥肌もんでしたね。
川岸プロといえば“怪物くん”と言われ…豪快なドライバーショットはあのジャンボ
でさえ舌を巻く凄さがありました。しかし、99年の以降…優勝から遠ざかり、幾度の
スイング改造にも見放され…ある人はもう復活はないようなことも言っていました。
そんなドン底から見事に復活してきました…川岸プロ!
私が一番目についたのは…ハイ・フィニッシュでした。トップで作った手首の角度を
維持しながらインパクト、そしてフォローを迎える…いわゆるボディーターンを意識
したスイングに改造されています。
球筋はフェード系で…安定性を追及しているように思いました。最終18ホールでの
第二打、5Wを手にしてフェードでグリーンを狙ったショットは惜しくもフェードが
かからずにバンカーに。結果は、スーパー・チップインでしたが…ショットする時の
川岸プロの顔には…もう迷いはなく、ゴルフを楽しんでいる…また戦えるゴルフができる
喜びで満ちていたように思いました。
もう…6年ぶりの優勝はそんな遠くないように思いました。

■伊沢利光プロ
今大会、長尺で臨んだ大会でしたが…結果は残念ながら7位に終わってしまいました。
でも、パターの状態はとってもよかったと思います。たぶん、伊沢プロ自身もパターの
好感触を得たのではないでしょうか。
ただ、今日はアイアンの距離感があってなかったように思いました。それは、ショット
した後の伊沢プロの表情と実際の結果がリンクしていなかった…つまり、自信ありの
表情だったにもかかわらずグリーンをはずしていたり…最終18番では第二打を池ポチャ。
あの川岸プロが5Wで狙ったグリーンを伊沢プロはアイアンでした…それだけ、
ティーショットがバカっ飛びでしたね…圧巻でした。ずっとパターで悩んでいただけに
アイアンの精度が上がってくれば…いつでも優勝できそうな状態にもどってきていると
思いました。最終日…いつもの黄色のウェアに身を包むときは近い。
↓↓↓バカっ飛びした伊沢プロのドライバー
BRIDGESTONEツアーステージ NEW X-DRIVE 405HR
伊沢プロ使用ドライバー【X-DRIVE 405HR】


ゴルフを見ているだけで…豊かな気持ちになれる…
そんな時間に感謝ですね。



〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

実践!ハーフル・ショット!(4)〜バランス〜

この練習は、誰もが一度は目にしたことがあると思います。
雑誌でもよく掲載されますし…トッププロも推奨するくらいの
練習ですね。

両足のカカトを引っ付けてスイングする練習です。
私はこの練習を、“ハーフル・ショット”に適用しています。

■両足を閉じて(カカトを引っ付けて)アドレスに入ります。
■あごを少し浮かせて、下目使いで見ます。
■テークバックで腕が水平になるまで上げていきます(ハーフ・バック)
■腕だけを上げずに肩をしっかり回し、肩をあごのしたまで入れます。
■コックが90度で完成します。
■クラブの重みを感じながらクラブを下ろしてきます。
■クラブが勝手に仕事する感覚を感じます。
■フォローも自然に、フィニッシュまで。


両足を閉じてスイングすることで、バランスを大切にしないと
必ずフラフラし…テークバックはとれともフィニッシュで体がよろけて
しまいます。

バランスに加えて、体重移動も行う必要があります。(右打ちとして)
テークバックでは、右足。
ダウンスイングでは、両足。
フォロー・フィニッシュでは左足。
このように、体重が移動していくことも感じて下さい。

もう一つ加筆させて下さい。
ダウンスイングからフォローのとき…頭の位置が動かないことです。
テークバックで体重が右足移ることで、頭も若干右に動くかもしれませんが、
その位置を維持しながらダウンスイング→フォローを行うことです。

こうすると、右から左へ体重が移っても、頭を残すことでバランスを保ち
よろけることがなく
、フィニッシュが迎えられます。

私はこのスイングを、あらゆるショットの前(プレショット)で使います。
リラックス効果もありますし!

もちろん、練習場においても一打一打のショットの前に素振りでこの両足を
揃えたこのスイングを試みます。
あと、部屋での素振りにも最適化と思います。

ご自身のクラブを振るには危険だと思いますので、室内用練習クラブをオススメ
します。
↓ ↓ ↓
【江連 忠の秘密兵器】練習クラブ E-アイアン解説&レッスンDVD付き

【E-アイアン】


気が付いたら…いつも部屋で振っています(汗)
オススメです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

さくらちゃん…残念。


まさに…“さくら散る
廣済堂レディスゴルフカップの2日目、初日好調だったさくらちゃんが
今日は絶不調でした。

プロ転向後の初めての予選落ち…残念ですね。

私もテレビで観戦していましたが…確かに飛距離はバツグンに出ていた
ドライバーショットも、安定性においては少し欠けていたように思います。
パターも苦しんでいました…。

メンタルの面でも物語っていました…さくらちゃんらしくないアプローチのミス…。
グリーン周りからのアプローチを痛恨のトップ…で、グリーンオーバー。
返しのアプローチも寄らず、パットもはずれてしまいました。

歯車のかみ合わない…いつもの切れを感じない試合でしたね。

“良郎パパ復活?!”と噂されると思いますが…
本人は全く眼中にないようです。

「父の心、子知らず(汗)」

がんばれ!さくらちゃん!!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

高反発から低反発へ

今、ドライバーにとって以下の2つは、はずせない仕様となっていますね。

■デカヘッド
■高反発フェース


ヘッド体積は、400ccクラスがたくさんラインナップされています。
それに加えて、フェースの高反発化を施し、飛距離の追及にも余念がありません。

さて、この高反発タイプ…もう姿を消すこと方向に動いていることは
ご存知ですか?
2008年1月1日より、ドライバーフェースの反発係数に制限ができ、その
係数を超える(=高反発フェース)ドライバーの使用が禁止されます。
といっても、競技用という条件付きですが…一般向けにも高反発タイプが
徐々になくなっていくように思われます。

ということは…“高反発”から“低反発”へドライバー市場がシフト
していくことが予想されます。

高反発フェース
フェース面を薄くし、インパクト時のスプリング効果を生み、
薄くした分の重量をソール後方に配置することで低重心化を
はかり、高弾道のビッグドライブを可能とする。


この高反発に比べて、低反発フェースになるとフェース面が厚くなるため、
あの金属音やバカっ飛びもなくなるようですが…逆にメリットも出てくる
ようです。

それは…“打感”と“つかまりの良さ”。

各メーカーでは、この“低反発タイプ”の市場を睨み、既にこのタイプの
ドライバーの投入が始まっています。

そして…
ヘッドにおける“飛距離への期待”が薄れてくる分、シャフトへの期待が
一層高まってくると思います。

主役は”ヘッド”から”シャフト”へ


参考:『アルバトロス・ビュー6/9号(P30)』


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

美しきフィニッシュ…

ゴルフを始めた当初は…もちろん考えもしませんでした。
ボールを当てることが精一杯だったので。

“フィニッシュがしっかりとれるようになりたい!”

こう思い出したのは、真剣にゴルフを考えるようになってからです。
“どうせやるなら…きれいなスイングで。フィニッシュもきめたい!”

私の中でフィニッシュの印象が強いプロが2人います。
一人はタイガー・ウッズ
もう…最高に美しく、そして力強いスイングは、全てのゴルファーを魅了
しますよね。そんなタイガーのフィニッシュも…やっぱりカッコよかった。

もう一人は…田中秀道プロです。
今でも心のスクリーンに焼き付いています…まだ無名なときだったと思います。
小柄にもかかわらず、豪快に飛ばすドライバーショット。
そして、体が回りすぎるくらいにビシッときまったフィニッシュ姿。


もちろん、ゴルフの内容やスコアという結果も大事です。
今や私のゴルフ聖書です↓
『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)
それに加えて、私の中では…“もっとカッコよく”ゴルフがしたいと思います。

そんな著者である中部さんのフィニッシュ姿を見つけました。
やっぱり…カッコいいですね。

4bee2918.jpg



あなたのフィニッシュはどうですか?
フィニッシュが決まるスイング!
…追いかけてみませんか?




〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ゴルフの氣づき(3)

今、自分のアドレスの中でちょっとしたことなんですが…
ちょっとしたことでかなりスイングが違ってきていることに氣づきました。

それは…“ボールを見方”です。

アドレスに入ったときの自分の視線にちょっとした変化があります。
今、ボールを“下目使い”で見ています。

いつも普通にボールを見ていました。
すると、ボールは下にあるため、それを直視したときはどちらかと
いうとあごを引いていたように思います。
つまり、テークバックで肩が入ってくるスペースが狭かったということです。

今はそのスペースに余裕が生まれ、肩が入りやすくなりました。
それは、あごを少し浮かせたことで可能となりました。
あごを浮かせたために、上がった視線をボールに落とすために下目使いに
なったということです。

私にとって…これは氣づきです。
一度、シャドースイングでもいいですからあごを浮かせて
肩を入れてみて下さい。

何か感じるものがありますか?
特にうつむき気味だった方は…視界が広がり…背筋が伸びて姿勢が
よくなり…あとお尻を後ろへ突き出すように構えたら…とっても安定した
アドレスになると思います。

雑誌にもたくさんのプロのアドレス写真が掲載されています。
あごに注目してみてもおもしろいと思います。

一度、お試し下さい!
決して、悪くないですよ。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

パー3の罠

こんな話があります。

■□
あるコースをラウンドしていたとき、138Yのパー3のホール
に差し掛かった。
その人は、8Iを手にし…ショットした。
グリーン手前は広く深いバンカーで、ピンはそのバンカーのすぐ上に
立っていた

その人の打ったボールは、ピンの横に落ち、転がってピン奥10mぐらい
のところにオンした。
そして、2パットのパープレー。
□■

こう聞くと、別に違和感のない話ですね。
ピンのきっている位置が難しいなー、戦略的なホールだなーと素直に感じる
くらいでしょうか。
しかし、興味深いのは…その後の話です。

■□
その日ワン・ハーフ回ることになり、再びその人は、そのパー3のホールに
立った。
同伴者の一人がその人に話しかけてきた。
「さっき8番で打ったんでしょ…それで10mほどオーバーだから、今度は
9番でピッタリですね。」
(他人の使用クラブを聞くのは…試合ならばルール違反です)
しかし、その人はこう答えた。
「いや…8番で打ちます。」
「え!?だって、9番のフルショットなら距離はピッタリじゃないですか!」
□■

あなたは、この話を読んでどう思われましたか?
なぜ…また8番で打つのか。

もの凄く大切なマネージメントの考えがあるように、私は思いました。
8番で打つ理由はこうです。

■□
9番でフルショットすれば、ボールはバンカーをギリギリで越え、ピンそば
にオンするかもしれない。
しかし、ちょっと打ち損なって手前のバンカーにボールを落とす確率は、
その3倍くらい高い…しかも、その場合、ボールはバンカーの向こう側の
土堤近くに目玉になる可能性が高い。
だから、9番でのフルショットを避けて通り、8番で同じショットをする。
□■

どうでしょう…。納得ですか?

パー3についてその人はこう言っています。
”パー3のホールは、グリーン周りが特に難しく造られているものだ。
…傲慢な思い違いを捨てることが肝要である。”


パー3は…決してボーナスホールじゃない…
心して打つことが…今以上に大切だと思います。


文献引用は…
『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


コックの大切さ


こんにちは。【ごるふろぐ】のアツです。
いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

さて、以前…私は本ブログで書いたことがあります。
コッキングは飛距離を出すには欠かせないアクションであると
思っています。

そして、今週発売の“アルバ”で注目の記事がありました。

弱冠15歳にして300Yオーバードライブ!
ご存知、ミシェル・ウィー!巻頭にて特集されていました。
その中に、“コックの位置決め”について書かれていました(P12)。

ウィーは、ボールを打つ前の素振りの時、バックスイングで一度手元を
止め、コックの動きを注意深く確認している
とのこと。
何のためかというと、手元を一度止めた位置で、コックを終えてしまう
(手元をロックする)ことで、後はそのままバックスイングするだけで
良いトップの形が作れるから…。
バックスイングをより簡単にすることで、余計な動きを排除し、スイング
の精度を上げている
ようです。

そんな記事が書いてあり、写真も掲載されていました。
その写真を見て…私のブログと重なるポイントを見つけましたんです!
ウィーが一度手元を止める位置というのが…クォーター(1/4)の位置。

「うわぁ!一緒だ!」
思わず心で叫んでしまいました。
ただ、位置が一緒だっただけなんですが…(汗)
↓ ↓ ↓
『コッキングは飛ばしのパワー源』

ウィーの300Yドライブ…
やはりコッキングが重要なエッセンスであることは言うまでもありません。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

不動プロと言えば…

6df7f462.jpg
国内女子ツアー第9戦『廣済堂レディスゴルフカップ』が
今日27日(金)から始まります。

昨年の覇者は…女王不動プロ!
2連覇がかかっています。藍ちゃんが欠場ですから、やはり注目はさくらちゃん
との対決なんでしょうね…ニュースバリューとしては。



さて、不動プロといえば…“素手のゴルフ
男女プロ通じて、他にグローブをしないプロはいないんじゃないでしょうか。
ずっと素手でプレーすることに加え、1日に1000球の打ち込みをするぐらい
練習の虫!
きっと手はマメだらけで…そして、硬くなってしまっているのではと…
ちょっと心配したりもします。

でも、不動プロの手はマメ一つない…とってもきれいな手をされているとのこと。
これは、あるプロの証言です!

なぜマメができないのか…それは、不動プロのグリップに秘密があります。
いかにクラブを軽く握っているかということです

軽くグリップして、体を回してボールを打っている…
それだけ、クラブも進化したということでしょうね。


さあ!不動プロ…2連覇なるんでしょうか。
また週末、テレビから目が離せません。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ゴルフの氣づき(2)

私のゴルフ“聖書(バイブル)”
『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)
から私の中での氣づきを抜粋させていただきます。


■自分のボールを打つ技術
この著書で何度も書かれていることがあります。それは…
“ゴルフをにおけるスコアメイクは、ショットのよしあしよりも、ゲーム設計により
多く依存するものである。”


そのゲーム設計をどう立てていくかということに対して…
“これには必須の前提条件がやはりあって、自分のボールを打つ技術がどれほどの
ものであるのかを、過大にも、過小にも評価しない
、さめた目で知っておかなけれ
ばならない。”
と言っています。

つまりは、ほとんどのゴルファーは、自分の技術を実力より高く考える傾向があり、
そんな傲慢な思い違いを捨てることが大事だと…

思いあたることありませんか?

しっかり打てば十分届くと思って距離ギリギリのクラブを選択してしまって…
力んでしまって結局ミスショット。
しっかり打てる“つもり”、“はず”だった。

林に打ち込んだティーショットで、第2打を無理してショットして、結局うまく
脱出できずにOBしてしまった…刻む勇気、フェアウェイに出す勇気も必要。


終わってみれば、いつも後悔が残ります。
“タラ”“レバ”はありません。
自分の実力、自分の技術を冷静に知っておくことが重要だと言います。

ご参考まで。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

上達するには…やはり

私はゴルフがうまくなりたいです。
安定したゴルフがしたいです。
常に90台、よければ80台を出せるぐらいになりたいです。


ここ最近、そんな思いが強くなりました。
このブログを始めてから…特にそう思います。


さて…人がある事を成し遂げるためには、3つのステップを踏むと
されています。

その3ステップとは・・・
1ステップ = 意識化
2ステップ = 習慣化
3ステップ = 無意識化

例えば、自転車に乗ることをマスターする場合を考えてみると・・・
「ペダルに足を乗せて、右足、左足と交互に力を入れる」と頭の中で意識します。

その後、何度も練習して、ペダルをこぐという行為を当たり前にする(習慣にする)

その後は、ペダルをこがなければ! など考えなくても、自然とペダルをこぐよう
になり、自転車に乗れている。

そこで、これをゴルフのショットにあてはめてみますと…

■1ステップ
すべてにおいて意識します。
グリップ、アドレス、ボールの位置、テークバックの始動、トップの位置、インパクト、
フォロースルー、フィニッシュ…

そうですよね。
また、初めの頃は…「ボールに当たるかな〜」なんて、空振りする心配や周りからの
視線など…もう、意識するどころか集中さえできないときもありました。

誰もが通る1ステップですね。


■2ステップ
一つずつ、意識するものが減っていきます。
習慣になって、意識せずにできることが増えてきます。
クラブを握れば、いつの間にかグリップが出来ていたり、ボールを見てもスッと
アドレスに入れたり…ショットするという意識が薄れ、テークバックすればもう
フォロー・フィニッシュができていたり…

練習を重ねていくと習慣化されることが多くなっていきますね。
こうなってくると、自ずとスコアもまとまってきます。

ゴルフが楽しくなってくる2ステップですね。


■3ステップ
コースに出れば、さまざまな情報が体の五感を通してインプット
されます。
その情報を処理し、ボールをどこに運ぶか、どこを狙うかを決めた
あと、もう無意識にショットができています。

体が勝手に動いているような感じでしょうか。
すなわち、上級者の段階だと思います。


こう考えてくると…私自身、まだまだ2ステップのど真ん中にいると
思います。
そして、3ステップの領域に入っていくためには…

★練習すること。
★コースに出ること。


やはり、上達に迂回ルートはないように思いますね。
週末、練習に行きたくなってきました。
レッツ!ハーフル・ショット!!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

王者復活か?伊沢の選択!

今日から始まりますね。
男子プロゴルフの『三菱ダイヤモンドカップ

この大会で一人のプロが注目されています。
そのプロとは…王者伊沢…

最近、影が薄くなった感があります。
ツアーステージの宣伝にも…丸ちゃん、藍ちゃんの登場がほとんどで
脇に伊沢プロがいる感じがするのは私だけでしょうか。

はっきり言って、私はファンです!
だから復活をして欲しいと思います。
そんな元王者は…この大会に“長尺パター”で挑むとのこと。
直道プロも長尺で復活を遂げたこともあり、今…ツアープロの間で長尺が
流行しつつあるようです。

伊沢プロの使用予定パターは…“ホワイトホット2ボールロング

3435408b.gif






世界にも通用する、最も美しいスイングの持ち主は、このパターで
復活できるのでしょうか…。

ファンの一人としてこの大会、楽しみです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ゴルフの氣づき(1)

私のゴルフ“聖書(バイブル)”
『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)
から私の中での氣づきを抜粋させていただきます。


■飛距離アップするために
1日5分の柔軟体操で10ヤードの飛距離アップが可能である”と著者は言います。
つまり、スイングは今までと同じままでも、バックスイングで左肩がしっかりとあごの下
まで回り、ボールを強く打ち抜いていける
からだと。

これは、心当たりがあるかと思います。寒い冬のティーショットは…どうですか?
飛びませんよね。そう…体が回らない、つまりは肩がしっかり入らないという原因も
考えられます。
ということを考えるとストレッチによる柔軟体操は、バカにできないように思います。
ただし、毎日欠かさず行うことが肝心ですね。
1日欠かすと…取り返すのに何日分もかかります。陸上競技の人、特に長距離選手は毎日
走りこみますが、1日でも走らない日があるとかなりのロスが生じると言われています。
正しく“継続は力”だということでしょうか。

私がオススメしたいのは、風呂上りの柔軟体操です。
体が温まり、筋肉がほぐれていますから体に負担もかかりません。

『毎日5分!柔軟体操で飛距離10Yアップ!』やってみませんか?費用はかかりませんし…あなたの体も喜びます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

衝動買い(^^;

やってしまいました…久しぶりの衝動買い。
このブログを始めてしまったがために…ゴルフクラブ熱再来(汗)

本当なら真新しいクラブを購入したいんですが…さすがに我慢しました。
昼休みに立ち寄った中古ショップにて…衝動買い。

20545155.jpg

タイトリスト 975J
シャフト   EI-70(S)


ショップにて測っていただきました。実測値です。
総重量339g
バランスD3(D4に近い?)

実際にワッグルしてみたりしたんですが…そんなに重さは
感じなかった。(でも、打てるんでしょうか…)
とにかく、思いっきり叩いてみたかったんです。
しばくというか…ボールをつぶすというか…
今のドライバーで初代ゼクシオ・ツアー332gですから…少し重くなりました。
バランスもD2からD3へ…

いや〜チャレンジャーでしょう…(自慢になりません)
実際に打ってみた感想は、またブログにてアップしたいと思います。
お楽しみに。


★最後に…
私は今、ゴルフ聖書を愛読しています。
本来なら、こんなハードなクラブを振ること自体、私のレベルでは無謀の
部類に入ります。中部銀次郎さんに怒られますが…
でも…打ってみたい!という欲求にはかないません。
失敗しないと分からない…だからトライしてみたいと思います。

どうかご理解下さい。中部さんの著書が聖書であることは変わりません!



〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

振り切ることの大切さ…

あれは、私がゴルフを初めて1年ぐらい経った頃です。
平均ストローク120〜130のビギナーゴルファーだったとき、
そのラウンドには、一人メンバーのシングルさんがいました。

初めて目にするシングルの方のプレー…圧巻でした。
凄まじいくらいピンに絡んでいました。
決して飛距離が出る方じゃなかったんですが…とにかくセカンドショットの精度
は抜群でした。

そんなシングルさんと一緒に回らせていただいて…たくさんの刺激と
たくさんの学びをいただきました。

そして、ハーフを終わりかけた時、その方が私に一言…声をかけて
くれました。
「あなたは…ゴルフを初めてどれくらい?」
「ちょうど1年になります。」
「そう…」
そうおっしゃって、ニコニコされていました。
私はうれしくなって…声をかけてくれたことがうれしくって…それだけ
で満足でした…ゴルフの結果が悪くても。

とっても上品な方でした。話し方からも品位の高さを感じました。
ゴルフの魅力をまた一つ見つけたように思いました。
そんな方が…続けてこう言ってくれたんです。
「あなたは、上手くなるよ。」
「えっ!?本当ですか?」
「ああ!あなたのその振り切るスイング!大事になさい。」
「はっ、はい!」

私は、その当時…大スライスを打っていました。スライサーだったんですね。
でも、しっかり振り切っていたことだけは確かでした。

それからというもの…フォローでの振り切りを大切にしています

そのシングルさんからの贈物…それは、今でも私の心に響いています。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

“シャフト”という恋人探し…

こんにちは!【ごるふろぐ】のアツです。

毎日、うれしいコメントにトラックバック…ありがとうございます。
今日も…とっても興味深いコメント頂戴しましたのでご紹介させて頂きますね。

“ドローやフェイドといったところまで、うんぬんというレベルまで到達してないですが、昨日プレイし開眼しました。
スイングはヘッドじゃなくシャフトだとしなりの反発力がうまくヘッドに伝わるれば飛距離、方向性、弾道の力強さ、全てにおいてレベルアップしました。
わかっているようでわかっていなかった自分に気づかせてくれた言葉は、テイクバックしてトップの位置あたりにきたときに小指でしなりを感じたらそのまま下に遠心力でスイングとのアドバイスでした。“

スイングはヘッドじゃなくシャフトだと…私も同感です。
もちろん、ヘッドが大きくなってスイートスポットが広くなったり、高反発化してよく
はじいて距離が出るようになったりしていますが…

よく考えてみれば、ヘッドを変えてスイングをした時と、シャフトを変えてスイングした
時とでは、シャフトを変えた時の方がスイングに影響もたらすと思いました。
それだけ…シャフトはスイングにとって非常にデリケートなもの…

加えて、興味深いアドバイスまで…
『テイクバックしてトップの位置あたりにきたときに、小指でしなりを感じたらそのまま下に遠心力でスイングする』

ん〜…深いですね。これは、本当に上級者の方が感じる“感覚”なんでしょうね。

小指でしなりを感じる…シャフトのしなりを小指で感じるまでダウンスイングを我慢する。
トップをしっかり築くこと(しっかり肩を入れること)が大事で、ダウンはそのシャフトのしなりを利用して、かつ遠心力でパワーをボールに伝える…ということでしょうか。

とっても勉強になります!
コメントをいただいた、ふくいさま!
いつも応援ありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。

ずっと私も探しています…とくにドライバーの…
愛しの“シャフト”にあなたは出会えていますか?


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ゴルフ聖書から(8)

8回目です!もう私の“聖書(バイブル)”です!

『もっと深く、もっと楽しく。』 (著者:中部銀次郎)

■どういうボールが打ち分けられるかよりも、どうやっても絶対に打たない
ボールをつくるべきかなのだ。

著者は、スイングは同じままでも、ボールの見る位置をどこにするかによって、
ドローもフェードも打ち分けられると書いています。しかし、ゴルフで上達する
ために必要なことは、ボールの打ち分けられることよりも、どうやっても絶対に
打たないボールをつくることだと強調しています。
つまり、著者はフェードボール・ヒッターだったため、いつどう打ってもボールが
左へいかないスイングを何よりも求めたようです。

持ち球が決まっていれば、ずっとその安定した球筋で攻めていきたいものです。
私も、どちらかというとストレート〜フェードの球筋だと自分で思っています。
時にフックが出ることがありますが…大ケガの原因ですね。
ティーショットで左にヒッカケてOB…もう、いきなりへこみます…。

絶対に打たないボール…つくりたいものです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

30Y前後のショット(3)

ピンまで残り30Y…アドレス完了。
ショットの準備は整いました。

では、ショットに入ります。
■いつも同じスイングを試みる。
■力加減をしない。
■コックを使わず手首をかためる。
■ボディーターン(手打ち×)。


アドレスで作った手とクラブの角度を維持し、そのまま肩から
テークバック。
クォーターの位置までテークバックしたら…そのままコックを
ほどかずにインパクト…そしてフォローを迎えます。

こうして、一定のリズムで一定の距離を打てるショットを
体で覚えます。

あと、打ち方を覚えても…どうしてもトップしたりダフったり
してしまうときがあります。

それは…ボールに集中しすぎるために腕に力が入ってしまうこと
が原因です。だから、元の位置にクラブが戻ってこない…

そんなミスを極力防ぐいい方法があります!
それは…ボールへの意識を和らげる方法

テークバックからショットへの動作のときに、心で言います。
“スー・トン!”

テークバックで“スー
ショットで“トン!

ショットのミスが多い方は、一度お試し下さい。
ダフルやトップが少なくなりますよ。

お役に立てれば幸いです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

30Y前後のショット(2)

イメージして下さい。
ピンまで残り30Y…いや〜な距離です…

よくやってしまうミスは…トップダフリですよね。
どっちもガックリきます…ピンが見えているだけに…(涙)

では、ショットしてみましょう。
まずは、あなたの得意なウェッジをバッグから選んで下さい。
■ウェッジを1本決める。

選んだウェッジを持ってボールのところに来ました。
さあ、ピンとの距離は約30Yです…で、アドレスに入ります。


4c2245cf.JPG







イランスのように…セットします。
(もちろん、素振りを終えています!!)

クラブは、そのボールの右にスクエアに置いて下さい。
ハイ!スタンバイOK!!

次回、ショットに入ります。
また、お立ち寄り下さい!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

30Y前後のショット(1)

イメージして下さい。

ピンまで残り30Y…いや〜な距離です…
あなたはどんなクラブで、どんなショットをしますか?


ここで、すぐにイメージができる方は…確実にグリーンオンされると
思います。
なぜなら、スタンスも、スイングも全てがオートマチックになっている
からだと思います。

そう!そんなオートマチックなスイングを作ってみたいと思います。
このオートマチックなスイングで大事なことは…

■ウェッジを1本決める。
■いつも同じスイングを試みる。
■力加減をしない。
■コックを使わず手首をかためる。
■ボディーターン(手打ち×)。


この点を大事に、オートマチック・スイングを作ります。
1つ、このスイングができますと…距離に合わせて…

クラブの番手を上げ下げすれば、調整できますし…もっとシビアな調整を求める
なら、クラブを開いたり閉じたりしてショットを行うことができます。

どうですか?
あなたも30Yのオートマチック・スイングを作ってみませんか?


次回に続きます!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

世界一のレフティー!

今週のゴルフダイジェストの巻頭に、世界一のレフティー“ミケルソン”の
スイングが解説されていました。

今季好調なミケルソンですが、なんでもフェードボールがほぼ完成したとのこと。
もともとは、ドローヒッターだったんですね。

ミケルソンといえば、流れるようなスイングリズム…これをオイリー(滑らか)な
スイングと表現するそうですが…本当に美しいスイングですね。(ほれぼれ…)
フェードを打つようになって一番の大きな変化は、トップが深くなったことだと。

つまり、以前にも増して“肩が深く”入っているようです。

後方からのスイングの連続写真が載っていました。
その写真からでも、肩の入りが伺えますが…

私的には2つのポイントに注目しました。
■あごを若干浮かす。
■下目使いでボールを見ている


アドレスからインパクトまで…まったく“あご”の位置が変わりません。
そして、その“あご”を若干浮かして、のどの前にスペースを作り“肩”が入って
きやすいように誘っているような…そして肩が深く入っています。

それに視線ですが…あごが浮く分だけボールを見る目は下目使いになります。
その視線の角度も…インパクトまで変わらない…全く動いていません。
当たり前と言ってはそれまでですが、とってもいい手本だと思いました。


平均296ヤードのビッグフェード…一度は生で見てみたいものですね。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

藍ちゃん…大丈夫?


3週連続Vが期待された藍ちゃんでしたが…廣済堂レディスは欠場の
ようです。

すこし腰に違和感…張りを感じると記事に書いてありました。
心配ですね。(昨年も腰痛で欠場している試合がありますし…)

6月23日に開幕する女子メジャー第2戦「全米女子オープン」
(コロラド州、チェリーヒルズCC)に万全の状態で臨むために、
今週は治療に専念するとのこと。

今や藍ちゃんは…日本国民のアイドル。
子供たちに夢を与えてくれるスター選手。


故郷沖縄に帰って、ゆっくり療養して欲しいですね。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ドローとフェードの打ち分け方(3)

昨日、深夜にブログをアップしてから…我慢ができず素振りして
しまいました(笑)。

といっても、室内用の短いクラブですが…

スタンスはスクエア。
スイングはインサイド・イン。

ボールを床に置いて、いつもと同じようにアドレスします。



4e693a14.JPG





そして、自分でフェードを打つぞと決めて、弾道をイメージして…
ボールの手前(イラストのA部分)に視点を集中させてスイングして
みました。
すると…自分ではインサイド・インに振るつもりだったんですが…腕が
若干外から入ってきて内に抜けていくような残像を感じました。
いつもより、腕が体の近くを通るような感覚もありました。
実際にボールがフェード(スライス系)ボールかどうかは分かりませんが…
素振りしたときの感覚です。

次に、今度はドローボールを打つぞと決めて、弾道をイメージして…
ボールの向こう側(イラストのB部分)に視点を集中させてスイングして
みました。
もちろん、…自分ではインサイド・インに振るつもりだったんですが…
今度は、腕が内から入ってきて外に抜けていくような残像を感じました。
いつもより、腕が体から離れてフォローで腕が伸びていくような感覚です。


ボールの見方を変えるボールの見る位置を変えるこのショット…
実際にやってみたくなりました。

仮に、私がこの打ち分けができたとしても…実際のラウンドで多用するつもり
はありません。
でも、そのときどきのラウンドでスライスが多かったり、フックが多かったり
したときの応急処置・対策として使えるような気がします。

基本的には、インサイド・インに振り切って…ストレートボールを打ちたい
思っていますから。
そのスイング・チェックの機能も果たせる可能もあると思います。

目からウロコが落ちるかも…
実際にショットしてみた感想もブログで書きますね。

では!今日もがんばっていきましょう!!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ドローとフェードの打ち分け方(2)

前回のつづきです!

スタンスはスクエア
スイングはインサイド・イン

さて、どうやってドローとフェードを打ち分けるというんでしょう…。

実は、このタネあかしは…今や私のゴルフ聖書(バイブル)と
なってます!

『もっと深く、もっと楽しく。』 (著者:中部銀次郎)


ここに出てきます。
答えは…『ボールの見方を変える
具体的には、こうです。
フェードを打ちたい時には、ボールのいちばん手前−つまり、体に最も近い
点に視点を注ぐ。反対に、ドローボールを打とうという際には、ボールの向こう
をじっと見てスイングする。そして、こういうボール(フェードかドロー)
を打つぞと自分に言い聞かせ、ストレートボールを打つのと同じスイングをする
だけでいい。“

どうです?
分かりました??
でも…むっちゃトライしてみたくなりませんか?

私は、すぐにでも練習場に行って試してみたいと思いました。
ボールの見る位置を変えるだけで…ドローもフェードも打てるのか…

実践後のレポート、またさせていただきますね。
あなたも…もし実践されたなら、コメントでも頂ければ幸いです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ドローとフェードの打ち分け方(1)

あなたは、ドローとフェードの打ち分けをしていますか?できますか?
私は…「してません」と同時に「できません」と答えます。

全くできないわけではありませんが…自信がないですね。
打ち分ける必要があるかと聞かれれば…あまり必要ないと答えます。
でも、ストレートボールほど難しいものはないとも言われます。
ボールは曲げる方が簡単だということでしょう…。

そんなドローやフェードにチャレンジしてみたい!という方は
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

誰もがドローを打ちたいと思います…なぜなら、距離が出るから。
同じ組の他の人より飛ばして…優越感に浸りたいから。
誰もがフェードを打ちたいと思います…なぜなら、ボールを止めたいから。
ピンをデッドに狙って、ボールをピタッと止めたいから。


そこで、あなたは挑戦します!

ドローボールなら…
スタンスはクローズ。
スイングはインサイド・アウト。

フェードボールなら…
スタンスはオープン。
スイングはアウトサイド・イン。

教科書どおりですね…で、誰もがこの教科書に書かれたとおりに
やってみますが…結果はどうでしょう。

私自身も…何度も何度もトライしましたが…結局、全く安定しませんでした。
打てるときもありますが…コースで使えるような状況じゃありませんでした。

そんなとき、あるヒントを頂きました…まるで“天の声”。
あることに注意すれば、ドローとフェードが打ち分けられるというんです。

そのときの…
スタンスはスクエア
スイングはインサイド・イン

さて、一体どうやって打ち分けられるんでしょう…
何に注意すれば、打ち分けられるというんでしょう…

次回、書かせて頂きます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

実践!ハーフル・ショット!(3)〜左手の握り〜


私流のグリップをご紹介しています。

私は、どちらかというとフィンガーで握るタイプです。
理由は…コッキングをしっかり行ってボールにパワーをしっかり伝えたいと
思い…フィンガーになったと思われます。

左手中指の第二関節と小指の第三関節(付け根)でクラブをあてて
握ります。
教科書にある、左手の3本指(小指、薬指、中指)で握ります。



5dc79962.JPG






その3本の指の力の大小関係は…

小指 > 薬指 > 中指

ですが…たとえ力を入れるとはいえ、どちらかとソフトに握って
います。グローブをしているため、すべりにくいのでスイング中に
すっぽ抜けない程度でいいかと思います。

そのようにして左手のグリップが決まります。

続きは次回に!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

涙☆キラリ


美しい涙…そう私は思いました。
でも、本人にとっては悔し涙なんですね。

最終ホールの諸見里さんのパットは、無情にも…。
気のせいか、雨も強くなっていたように思ったのは私だけでしょうか。

彼女のスイングをずっとテレビで拝見していました。
…すばらしいですね。
もう、将来の女子ゴルフ界を背負ってたつ逸材に間違いないですね。
いや、既に技術ではもう十分なんでしょう…その証が初日の結果です。

しかし…スポーツは技術だけでは勝てない…とりわけゴルフはメンタルが大事…
そう、あらためて感じさせるシーンでした。

そういう観点からでも、藍ちゃんの精神力はスゴイ。
もう、顔ににじみ出ていますね。全てにおいて、“強くなった”って感じます。

諸見里さんも、近々にプロに転向されるかと思いますが…
あのやさしい表情の奥に潜む、負けん気の強さ…きっと藍ちゃんの“一番手”
のライバルとなるんでしょうね。

とっても楽しみです。
本当に女子ゴルフが面白いですね…若さって素晴らしい!

ありがとう!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

初めて見ました…


こんにちは!【ごるふろぐ】のアツです。

昨日、家に友人夫婦が来ていて…子供たちは妻に任せて、その
友人と練習場に行きました。

彼もゴルフが大好きな人間で…一生懸命努力しています。
でも、なかなか自分のスイングが見つけられないようですが…
今は“宮里パパ”の理論に夢中のようでした。

で、お互いにスイングを動画で撮ってみようということに
なり、デジカメの録画機能を使ってお互いに撮り合いしてみました。

初めて自分のスイングを見たんです!
むっちゃドキドキしました…で、いろいろ発見がありました。

自分が思っている以上にテークバックが上がっていたり…
自分が思っている以上に体の軸がぶれていたり…
自分が思っている以上にスイングのタイミングが早かったり…


たくさんの“気づき”がありました。

で…オススメします。
まだ自分のスイングを見たことない方は…絶対に見て欲しいと思います!
必ずためになります…やってみないと損だと思います。

自分の理想とするスイングに近づけるためにも…
自分のスイングを見ておくべきだと思います。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ゴルフ聖書から(7)〜やっぱアドレス!〜

7回目です!もう私の“聖書(バイブル)”です!

『もっと深く、もっと楽しく。』 (著者:中部銀次郎)


■“もっと飛ばしたい”と願うのは、すべてのゴルファーの永遠の夢であろう。
しかし、……。

ゴルフはあがってナンボと言われるが…
でも、どのゴルファーもドライバーの飛距離についてはみんなが“もっと飛ばしたい”
と思っていると思います。
あのジャンボは、“飛距離は最大のアドバンテージ”という名言も残していますし…。
しかし、著者はこの飛距離に関する質問を…最もシンプルで最も難しい問いと表現して
います。
どうやればもっと飛ぶかということに言及せず…著者はもっと大切なことを訴えています。
“まず、正しいアドレスを体得しなさい。そしてスイング中は体の軸をぶらさず、ボール
から目を離さないこと。正しいことをやれば、ボールはまっすぐに飛びます。飛距離を
伸ばすには、それからでも十分にできる。”

さらに…
“いいアドレスから始まったスイングが間違った軌道を描くことはあるとしても、
悪いアドレスから始まったスイング軌道が正しくなることは、絶対にない。”

つまり、アドレスの大切さを強調しています。
飛距離を伸ばしたければ、いいアドレスを作り、そしていいスイングを行うことが必須
だということですね。


また、次回をお楽しみに!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

クラブが変われば人生も変わる?!

『ゴルフダイジェスト7月号』より抜粋です。
表紙には大きく…
“人生が変わるクラブアドバイス〜ドライバー20g増の魔法〜”
とあります!目立ちます…かなり。

興味深い話題ですね。

私もクラブに対する思いは強く…いつかはコレクションしたいくらい
大好きです。
今のクラブセッティングも…何代目でしょうか…(汗)
とにかくクラブのことなら何でも知りたくなります。よって、重量はバランス
などのスペックもとても気になります。

自分の力量、とりわけヘッドスピード(HS)やパワーを知っておく必要が
あると思います。
それにより、クラブスペックが決まってくるからです。
お近くのショップや練習場など、HSを測定してくれるところで測ってみま
てはいかがでしょうか。
最低でもHSぐらい…知っておきたいものです。

そして、雑誌では…“クラブ軽量化”への警鐘が鳴らされています。
軽いクラブに慣れてしっかり振れなくなる現象…“アンダースペック症候群”
にかかってしまうとのこと。
それは、
■軽いクラブを使っているとタイミングが合わなくなり、ボールが曲がりはじめる。

■真っ直ぐ打とうとするために合わせた打ち方になり、スイングが小さくなってくる。

■飛距離が落ちてしまう。

■また、一層軽いクラブに手を出す

“魔のスパイラル”
クラブ軽量化がもたらす最悪のシナリオがそこにあるようです。

さらに、ドライバーとアイアンの重量バランスにも注意を払うようにと
あります。
つまり、昨今のドライバーの大型化&軽量化により、アイアンとの重量バランス
が崩れ…スイングそのものに影響を与えるということです。

“アイアンは重量があるのに…ドライバーは軽すぎる…”

クラブは14本あり、14本すべてに重量の流れがあります。
その流れ(スペック)を乱すようなクラブセッティングは、上達の妨げになる
ということです。

クラブの流行にながされないようにしたいものです。
そんな14本のクラブについて…私がとっても参考になるブログがハッグーさんの
『14本の仲間たち』です。

とっても参考になります!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

天使のゴルファー


うちの天使…二男坊です。

65fa96ea.jpg




今、1歳4ヶ月で、やんちゃな盛り。
長男と違って…まったく言うこときかない…だから何でも噛みまくり(汗)

いつも、このおもちゃのパターを持ってウロウロしています。
気が付いたら、グリップのゴムを食っていた(汗)。

…そんな二男を…とっても頼もしく感じます。

いつかの日か、この子と一緒にラウンドできるときが来ますように…。
ありがと。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

実践!ハーフル・ショット!(2)〜指の関節〜

こんにちは。アツ@ごるふろぐ です!

グリップの大切さ…今さらと思われるかもしれませんが、
改めてその大切さを感じて頂ければ幸いです。

グリップの形は人それぞれ…いろんなグリップがあるかと思います。
フィンガーか、パーム(手のひら)か…その中間か…

私は、どちらかというとフィンガーで握るタイプです。

6f9b4693.jpg






↑クリックすれば大きく見られます↑

写真のように、左手中指の第二関節と小指の第三関節(付け根)に
クラブをあてます。

薬指は第二関節と第三間関節の間の腹のところに位置します。

いろいろ試した結果、この箇所に納まりました。

次回は、実際にクラブを握った状況を書きますね。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ゴルフ聖書から(6)〜シンプル〜


6回目です!今や、私の“聖書(バイブル)”となっています!!

『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)


■スイングに関する中部説。
“ゴルフスイングは、インサイド・インである。ドローボールを打つにも、フェードボールを打つにも、クラブヘッドの軌道はインサイド・インである。ただ、インサイド・インの中で微妙に軌道が違い、クラブヘッドのボールに当たる角度が変わるだけである。”
こう強調する著者は、クラブヘッドを飛球線の後方にまっすぐ引くテークバックを否定する…スイングを崩す元であると一蹴しています。
加えて、スイングのシンプルさを訴えています。
“ゴルフにとって大事なことは、できるだけ難しく考えないことである。”
“スイングそのものも、シンプルであればあるほど狂いはないのである。”


シンプルさ…そしてナチュラルさを強調される中…
“アドレスでは、クラブを握る両手はほとんど両肩から垂直におろした形がちょうどいい”
とアドレスにおける腕の位置を提案されています。

さらに加えて…
“可能なかぎり体の動きはスムーズなほうがいいに決まっているので、上半身の無理な
ねん転は避けること
−これが大事なことである。”
上半身の無理なねん転を避けるために…
“下半身の動きで体全体の運動を補ってやる必要がある”と補足されています。
その下半身の動きとは…
“バックスイングで、左カカトを上げること”…すなわちヒールアップですね。
これは、私も同じ意見です。
ヒールアップにより、ねん転の運動を補ってやります。

人によって体の柔らかさは違います。
硬い人は、無理してねじってはいけません…体が悲鳴をあげます。
だから、無理のない運動、つまりは“痛くない運動”を行って下さい。

痛い!っと思ったら無理していますから…。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

100を切る!スコアの書き方


スコアの書き方で、あなたなりに工夫されていることはありますか?
ただ、打数を書き込んでいるだけ??

もし、本当に打数だけの書き込みなら…提案があります。

『100を切る!スコアの書き方』

それは、3ホールごとにマネージメントします。マネージメントとは
大げさですが、3ホールごとを一区切りとし、その区切り内を+3を
目標でプレーします。

すなわち、1〜3番、4〜6番、7〜9番、10〜12番、13〜15番、16〜18番
これら3ホール毎を+3でまわると…何と全ホール、ボギープレーと同じ“90”で
回ることになります。

スコアカードに、3ホール毎に太く線を入れ、打数を記入する以外にパーの数に
対する実際の増減(+,−)を3ホール毎に別途記入します。
ハーフを終わって自分のスコアを確認するときも楽ですが…何より目標に対する
自分の今の状態が確認できます。

スコアを気にしすぎるとプレッシャーになる!とよく言われますね。
でも、スコアを書かないわけにはいきません。他人に頼りすぎることもよくありません。

最低でも自分のスコアは自分で管理すべきです。
ただ、普通に打数を書き込むのであれば、3ホール毎のマネージメント
をお試し下さい。

目標に近づけることで…いつの間にか100を切ってますから。
そして…90を切ることも難しくなくなってきます。

やってみて、決して損はしませんから!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

見つけた!近いイメージ!

男子ゴルフ、『マンシングウェアKSBカップ』をテレビで見ていました。
何とか藤田プロが単独首位を守りましたが…最終日は本当に分からなくなり
ましたね。見ている方は…ワクワクします。

私は日本人ですし、首位争いはやはり日本人プロ同士の対決を好みます。
リーディングボードに日本選手の名前が多いとうれしいですし、優勝者が
日本選手であればもっとうれしいです。

だから今日も…ニコニコしながらテレビを見ていました。
「伊沢プロが…きた!」なんてつぶやいていました。

そして、ある地味な選手を見つけました。


02a947db.jpg







スティーブ・コンラン(オーストラリア)選手

首位の藤田選手にプレッシャをかけていました。
“安定したゴルフ”“ステディ”そんな言葉が似合います。

そのコンラン選手のティーショットのシーンが映りました。
「あっ…何か近い…」
そして、極めつけは、コンラン選手のバンカーショットでした。
「あっ!やっぱり近い!」

そうなんです。私の理想とするスイングは、女子プロのノイマン選手ですが…
男子プロがいませんでした。
でも、このコンラン選手…とっても私のイメージに近いスイングです。
テークバックもコンパクトで、しっかりコッキングを使って飛ばします。
安定したショット、とりわけバンカーショットには釘付けでした。

バンカーショットで…あのスタンスの小ささ…しっかりコッキング…
何だかうれしくなりました。

明日、もう一度コンラン選手のスイングをしっかりテレビで
拝見したいと思います。

うれしさのあまり…ブログに書いてしまいました(汗)。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

スイング軸は1本?2本?

よく議論されるスイング理論の中で“スイング軸”があります。
そう…1軸なのか2軸なのか…。

あなたはどちらですか?
あるいは、スイング軸について考えたことありますか?

もちろん、どちらが正解なんてありません…どちらも正解だと
思います。
どちらかというと2軸派の方が多いでしょうか…昨今は。

私も以前は2軸派でした…テークバックで右軸、フォローで左軸
となり、しっかり体重移動を使って豪快に飛ばしていましたね。
“右〜左〜”って感じで、リズムは取りやすかったように思います。
尾崎直道プロのスイングイメージで振っていました。

確かによく飛んでいました…豪快なドライバーショット!
しかし…安定しませんでした。特に、アイアンが全くダメでしたね。

そこで、今の“ハーフル・ショット”を見出してから、1軸に変わりました。
すると…飛距離は落ちたものの…“狙っていけるショット”がグンと増えましたね。

セカンドショットやサードショットでグリーンを狙うことができるように
なりました。
何故、ここまでよくなったのか…それは“動かない頭”にポイントがあります。

私はアマチュアです。
練習量も少ない…年間のラウンド数も限られています。
そんな私にとって…“合わせるスイング”は適当ではありません。
合わせる技術”がないんですから。
どんな状況下でも、スイングでクラブをボールに上手く“合わせられる”技術…
そんな“合わせる技術”は、豊富な経験があり、豊富な練習量こなしたゴルファーしか
修得できません。

私には、そんな“合わせる技術”がありませんし、修得する時間も余裕もありません。
だから、効率のいいスイングが必要なんです。
だから、1軸スイング…“頭を動かさない”スイング…

そして、“ハーフル・ショット”を見出しました。
私は、これを極めます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

実践!ハーフル・ショット!(1)〜グリップの大切さ〜

今回から、私流100切りショット、“ハーフル・ショット”を一つ一つ丁寧にポイントを押さえていきたいと思います。

“ゴルフ聖書”のコーナーで書かせていただきましたが…
かの伝説のトップアマである中部銀次郎さんは、以下の3つが最も
大事だと言っています。

“グリップ”
“アドレス“
”スイング中に頭を動かさない“

この3つは、私の“ハーフル・ショット”においても共通して
大切だと思います。

その中でも基本中の基本である“グリップ”について書いていきます。
私自身、右利きですので、サウスポーの方は左右を逆に考えていただけ
れば幸いです。

今では無意識にグリップしますが…以前はずっと悩んでいました。
どのグリップがいいのか…雑誌を読みあさり、グリップの特集があると
必ず購入して試してみました。
でも…情報が錯綜し、何が何だか分からなくなった時もありました。

結局いきついた所は…自分でしっくりくるグリップだんたんですね。
何がしっくりくるのか…私の感覚では『両手の一体感』でした。

左手は小指、薬指、中指の順に力を入れ、人指し指と親指は添えるだけ。
右手は、薬指と中指でグリップし、あとの指はやはり添えるだけ。
力も強く握るのではなく、“やさしく包み込む”感覚がいいと思います。

どうしても強く握りすぎると、その力が腕全体にまで及び、スイング
全体に力みが生じ…体も回らないし、スイングスピードも上がらず…
スライスかヒッカケが出てしまうスイングになってしまいます。

クラブに仕事をさせる準備…それがグリップでもあります。

個人差も大きいこのグリップ、あなたも自分流のしっくりくるものを
見つけて下さい。

そして…“意識せずに”いつも一定したグリップができるように練習
しましょう。

次回は、私流のグリップを具体的に書きます!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

100切り!私流の鉄則!

100を切るためには、100を切ることを目標としてはいけない
これは持論です。

ここに至るまで…スコア管理について悩んだ時期がありました。
そんなとき、まずは全く気にせず…ただの数字だと思ってプレーした
ときもありました。

でも、やはり性格なんでしょうか…スコアをつけるうちに計算を
しているんですね(笑)

ならばということで…スコアを管理をし、スコアを意識するなら違った思考で
目標設定をしてみようと…
それで、あるとき無謀な目標設定をやってみました。
「よ〜し、80台を出そう!」

「??…」すみません。
でも、マジでそのとき、目標スコアを“89”に設定したんですね。
そのときは、110前後の平均スコアのときだったと思います。

“自分は90を切る!”ゴルファーなんだと…なった気持ちで
自分を演じていました。

結果、上がってみれば…久しぶりに“98”というスコアで上がって
きたことを覚えています。

それからというもの…
“100を切るためには、100を切ることを目標としてはいけない”
“100を切るためには、90を切ることを目標としよう!”



89”というスコアが出せるゴルファーを演じます。
そして、いつか現実が追いついてきて…
本当に“89”を叩き出す時がやってきます。

そのときは…もう90を切ることを目標にしていないでしょう。
きっと“79”を狙っているに違いない…


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ゴルフ聖書から(5)〜スイング軌道〜

5回目です!今や、私の“聖書(バイブル)”となっています!!

『もっと深く、もっと楽しく。』(著者:中部銀次郎)


私の中での棚卸をする意味でも、少しずつこの“聖書”について書かせて
いただきます。あなたの代わりに私が読ませていただきます!

■これさえチェックしたら、スイングは大幅に改良されるはずである。
ここでももう一度、アドレスの方法について具体的に書かれています。
“後頭部の毛をうしろに引っ張られているような感覚で立つ”
“あごは少し上がり気味になる=肩を入れやすくする”
“ボールは下目づかいに見る=あごを上げる=肩を入れやすくする”

また、ボールの位置についても著者は以下のように強調しています。
“スイング軸がつぶれるゴルファーは、アドレスでボールの位置が間違っている。”
“その間違いとは、ほとんど例外なく左へ寄りすぎている。そのため、アドレスですでに右肩が前へ出ていきやすい分、バックスイングで左肩が十分回りにくいし、ダウンスイングに入ると、ボールにクラブフェースを合わせるために体全体が左に流れてしまう。”
こうして、頭が動き軸がぶれてしまって、いいショットが打てないと言います。
ここのところ…全く私も同感です!


■わかってもらえるまでは同じことを繰り返さなければならない。
“ゴルフはマグレで好スコアは出ない。仮にある人が、ふだんからは考えらないようなスコアをマークしたとしたら、その人は潜在的に、すでにそのスコアをいつでも出せるだけの実力を備えているのだといえる。”
ふむふむ…潜在的な実力か…
そして、著者はクラブのスイング軌道について語っています。
一般によく言われる、「クラブヘッドをまっすぐ引く」は著者にとっては無意味だと…
“テークバックでは、クラブヘッドを30cmほど飛球線の後方へまっすぐに引け−という。こういう言葉ほど一般のゴルファーを誤らせるものはないのである。すぐにインサイドに引かなければウソである。”
つまり、ゴルフスイングは“インサイド・イン”であるし、ドローボールを打つにも、軌道はインサイド・インだと言っています。
これも心当たりがあります。私はもともとストレートかフェードヒッターなんですがときどき、きれいなドローも出ます。もちろん意識して打ち分けられませんので…
インサイド・インの軌道でクラブヘッドのボールに当たる角度が変われば、フェード、ストレート、ドローの球筋に変わるということです。
どうですか?
すべて、インサイド・インの軌道でいいと著者は強調しています。


以上…毎回、本当に充実しています。
次回もご期待下さい!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ツアー速報&殿堂入り!


まずは、注目のブリジストンレディース初日の結果が出てきて
います!

■上位の順位
1 諸見里しのぶ −9
2 宮里藍 −7
3 福嶋晃子(他9名)−3

61 横峯さくら +3

なんとアマチュアの諸見里さんがトップ!
え?初日11バーディー2ボギー?!63だって?

凄すぎます…藍ちゃんもさくらちゃんも、彼女のことは
アマチュアとしては見ていないようです。
私もテレビでの彼女のショットを見ましたが…実にビューティフォー!!

とってもスイングがきれいでした。クセのない…それでいて豪快!
もう…絶対に素晴らしいプロになるんでしょう…正しく折り紙つき!

1年先輩の藍ちゃんも、ちゃんと2打差の2位につけているところが
さすがです!好調をちゃんと維持していますね。

ただ…心配なのが、あのさくらちゃん…良郎パパはキャディではありません。
ここんところ、調子を落としています。ショットにも冴えがありません。
我慢のときなのかも…がんばれ!さくらちゃん!!

世界の綾子が、殿堂入り決定!
おめでとうございます!岡本プロ!!

私は懐かしく思います…岡本プロのスイングビデオを擦り切れるくらい
みていた8年前…そのビデオのプロはスマートでした(汗)

ま、でもスゴイことですよね。
そして岡本プロは、こうコメントしています。また、名言として
残りそうですね。

『夢・目標・あきらめなければ必ず叶う』


藍ちゃんは、きっと…胸に刻んで聞いていたんでしょうね。
おめでとうございます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング

ハーフル打法(15)〜フィニッシュ編〜

かっこよくキメタイ!
終わりよければ…全てよし!
ボールを見届けながら…味わう快感!

そう…フィニッシュがきまると最高です。
スイングが悪いとフィニッシュもきまりません…静止できませんから。
バランスが悪いと…動いてしまいます。

私は、フィニッシュの形にこだわりませんが…静止できることにこだわります。
ボールが落下するまでじっとしていられるフィニッシュにこだわります。

その時の状態は…

■クラブは自然に納まるところに
■左足に全体重を
■右足はつま先立て、裏が真後ろに向く
■左足の大腿部に右足の大腿部がくっつく
■顔と体(へそ)は真正面を向く

ともかく、フィニッシュで静止できるようになって下さい。
必ずいい結果につながりますから。

好きなプロのスイングは真似できなくても、フィニッシュだけでも
真似てみてはどうですか?
ウッズ、藍ちゃん・・・静止したフィニッシュなら真似できますから!


さあ…これで私の“ハーフル・ショット”が15回にわたって
書かせていただきました。
ありがとうございました。

でも、これで終わりませんよ〜。
この“ハーフル・ショット”…もっと自分のものにできるよう、
もっと消化しながら引き続き書かせていただきます!

ご一緒いだだければ幸いです。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング


100切りの鉄則?

ゴルフTODAYを読んできました。
目ぼしい記事をあさっていたところ…目に付いたものを書きますね。

それは…スコアのマネージメントについてありました。
100を切るためのマネージメントの鉄則がありました。
それは…

100切り!=0+5+4 
??だと思います。スミマセン(汗)

つまり、ハーフで49を叩き出す鉄則は、ハーフでパーが0、ボギーが5、
ダブルボギーが4で、36+5+(4×2)=49となります。
これでもうハーフを50で回っても99が出せる!100切り!!

どうでしょう…参考になりますか?
ま、頭の片隅に…
「ハーフ9ホールのうち、ボギーが5ホール、ダボは4ホールで49だ!」
とあることは別に悪いことではないと思いますが…でも、私はこういう思考が
好きじゃありません。

じゃ…どうマネージメントするか。
私は、ある目標設定を行って100切りを果たします。
でも、目標は100切りとしません…

なぜなら…
“100を切るためには、100切ることを目標としてはいけない!”
そういう思考でいるからです!

次回、また思いを語らせていただきます。


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、応援もしてください。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
人気blogランキング
応援ありがとう♪
ゴルフコミュニティ♪
マイ・ウェポン!
【1W】タイトリスト 910D3


【3W】【5W】タイトリスト 909F


【UT】タイトリスト909H 21度


【5I〜PW】 712AP2


【52°・56°・60°】 ボーケイ(TVD)


【PT】スコッティー・キャメロン フューチュラ(33インチ)
上達のヒント!
ご利用下さい♪
最近のトラックバック
たった12時間でドライバー飛距離を39ヤード伸ばした67の秘訣 (ドライバーの飛距離を39ヤード伸ばす67の秘訣!!)
美しきフィニッシュ…
私のお気に入り本
おトク情報
有賀園ゴルフネットトップページ5









にほんブログ村 ゴルフブログへ
動きをチェック!
【Amazon】DVD
あし@
  • ライブドアブログ