加速上達して最短最速で100を切るゴルフ!【プロから直接教わった極意】

プロとの出会いから…私のゴルフは180度変わりました!プロから直接教わった極意を惜しみなくお伝えしていきます!

2009年04月

真っ直ぐに打つことと真っ直ぐに立つことは安定化の両輪なり!


♪♪♪ 【メルマガ】はじめました(^^)v ♪♪♪

ブログで書かないこと書きます!こちらからどうぞ!!
↓ ↓ ↓
【たった90日間で90台を叩き出したプロ直伝の極意】


プロからの直伝を…生でお伝えしていきます!

やはり、プロって…体が違います(^^;


私たちアマ、素人のような体じゃありません。



見たら分かります。
会ったら分かります。


あなたもトーナメントに足を運んだことがあると思います。

私も少なからず…


でも、観戦するのと、一緒にラウンドするのとでは…違いました。



一緒にラウンドすると…

その凄さがとてもよく分かりました。


で…


プロ直伝!

””ストレートヒットにこだわる!””


これからも何度かお伝えすることになるかと思いますが…

とにかく真っ直ぐに打つことにこだわっていきたいと思います。



すると…狙撃!

グリーンを狙っていけますから!



さて、ストレートヒットに合わせて大事なことがあります。

それは…”ストレートスタンド”


直立??


いやいや…真っ直ぐに立つということです。


いわゆる、スクエアに立つということでしょうか。



足、膝、腰、胸、肩…全てにおいて、飛球線とスクエアに!



真っ直ぐ立つことにこだわります。



その大切さ…分かります?


真っ直ぐに打つことが少しでもできるようになっても…
真っ直ぐに立つことに少しでもできないようでは…



ミズノアワ…水の泡。。。



いいですか…


目標は、飛球線です。


ストレートヒットする、そのストレートが飛球線です。


その飛球線に対し…


アドレスのときに真っ直ぐ、スクエアに立てず…

ちょっとでも右を向いたり、左を向いたり…

たぶん、ほとんどが右を向いて立つ傾向が強くなると思いますが…



とにかく、ちょっとでも左右にずれてしまうと…


仮に真っ直ぐ打てたとしても…


ドライバーなら…200ヤード先なら…左右に何ヤードずれると
思いますか?



足元、アドレスで1ヤード先で左右に50cmずれたとしたら…

200ヤード先には200倍…つまり、10mのズレが生じること
になります。


分かっていただけますよね。


手前のズレは…目標地点では、その飛距離分倍のズレになる!



これ、真剣に理解する必要があります。



だから…

「あ!右向いてた!」じゃ…すまされないんですね。


自分が真っ直ぐに立てているか…


一度、アドレスしてみて…足元にクラブを置いて…

アドレスとはずして後方から確認してみて下さい。


そうやって…


真っ直ぐに立つ練習を…
もちろん、練習場でも行うことが必要です。


かの…伝説のトップアマ…


中部銀次郎氏も言っています…



”真っ直ぐに立つことはとても難しい…”と。。。




真っ直ぐに打つことと真っ直ぐに立つことは安定化の両輪なり!








♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


基本はストレート!真っ直ぐに打つことからマネジメントを始めること!

♪♪♪ 【メルマガ】はじめました(^^)v ♪♪♪

ブログで書かないこと書きます!こちらからどうぞ!!
↓ ↓ ↓
【たった90日間で90台を叩き出したプロ直伝の極意】



本日もアクセス、ありがとうございます!


今回より…ブログタイトルを変更しました!


もう…我流じゃないので(汗)

しっかりとプロから教わったことをあなたにお伝えしたいから…



ビジネスも成功事例を学ぶことが大切とも言われます。

かの経営の神様…松下幸之助氏も…真似ることを良しとしました。


”学ぶ”の語源は…”真似る”です。



そういう意味でも…

我流がいかに非効率か…ゴルフでもあらためて思い知らさせ
ました。


プロの醸し出すオーラを感じ…

プロのショット前のルーチンを観察し…

プロのアドレスの入り方をインプットし…

プロのスイング始動のタイミングをはかり…

プロの不変のリズムやテンポを真似てみたり…



とにかく、どれだけ効率的か…

本当にそう思います。


練習場でのレッスンもいいですが…

一緒にラウンドして、その都度チェックし…

プロのショットをモデリング…


これだけ効率的な練習はないと思いますね。



だから…

敢えて、ブログタイトルを…


”加速上達”と”最短最速”という…大げさなようで
決して非現実的じゃない…


これからもどうぞお付き合い下さい。



前回の極意で…”ショットは、すべてストレート狙い!”と書きました。


曲げることを計算に入れる必要がない…

私たちは、プロではありません。

スライスもフックも出ます。


でも、ストレートを打つこと目標とします。

この目標を達成するためには…


スライスやフックが出ないようにするためには…

スライスやフックという問題を解決すべき対策を考えます。



そのためには…

スイング軌道。。。


スイング軌道がバラバラだから…球が散るんですね。



プロは…一定のリズムで安定したスイングができる人です。

ショットもマネジメントもプロですが…


メンタル面、そして体のコントロールのプロでもあります。



そんなプロは、理想の弾道は”ストレート”だと。


そして、パッティングでもこの考え方が非常に効果を生むんです!



現に、私は実感しました…真っ直ぐ打つことを意識することで…

パットが入りだしたんです。


ショットもストレートを意識して打つことで…

ピンフラッグを狙えます。



とにかく…曲げない!

ストレート!ストレート!ストレート!


ストレートを打つためのコツは…これまた目からウロコが落ちます。


私たちは…スイング軌道を意識すると…

クラブヘッドを意識するようになります。



でも…考えて下さい。


クラブヘッドは…どこがコントロールしていると思います?


そう…手元、そしてグリップです。



つまり…ヘッドコントロールは、グリップコントロールのこと。


グリップの動きや向きが安定しなければ…ヘッド軌道も安定する
はずがないんですね。



どうしても…ヘッドに意識がいってしまう…

でも、手元、グリップをしっかりとコントロールすれば…結果、
ヘッドも理想の軌道を描くことになります。



グリップの大切さを訴えてきました。

グリッププレッシャー…そして、グリップコントロール…


スイングは、グリップにはじまるって思うようになってきましたか?


とても大事なことです!


♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング




【プロから直接教わった安定100切りの極意(その5)】

♪♪♪ 【メルマガ】はじめました(^^)v ♪♪♪

ブログで書かないこと書きます!こちらからどうぞ!!
↓ ↓ ↓
【たった90日間で90台を叩き出したプロ直伝の極意】



本日もアクセス、ありがとうございます!


関西オープンでも上位入賞し、ツアーでもドライビングディスタンスに
上位に入る…そんなプロからの直伝!


先日2回目のラウンド…たくさんの極意を頂きました。


で、今日はその極意(その5)です。


どうぞ!


***********************************

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その5)】


すべてのショットは、ストレート狙い

***********************************

詳しくは、次回にでも!



♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング




また…目からウロコが落ちまくりました…プロラウンドレッスン第2弾♪

♪♪♪ 【メルマガ】はじめました(^^)v ♪♪♪


こちらからどうぞ!
↓ ↓ ↓
【たった90日間で90台を叩き出したプロ直伝の極意】



いや…やはり、本物のゴルフを見るとすべてが変わります。


見たものすべて…

それは…


プレショットルーティン

グリップ

アドレス

リズム

スイング

ウォーキング

メンタル

ショット

マナー

・・・


すべてにおいて、プロを真似たくなりますね。

これを経営学的には、”モデリングする”と言います。


つまり…成功事例をしっかりと自分に落とし込む作業。



もちろん、プロみたいに、プロそっくりにはなりませんが…

一歩でも二歩でも近くづくことはできると思います。



カンタンに言ってしまえば…

スイング、ショットやテクニックなどは真似できません。


でも…

リズム、アドレス、メンタル、考え方などは、すぐに取り入れることが
できます。


そんな、すぐに取り入れられることを【メルマガ】で綴っていきたいと
思います。


Yahoo!メルマガ、創刊しました(^^)v

【たった90日間で90台を叩き出したプロ直伝の極意】

よかったら購読して下さい。


先週末、またプロとラウンドする機会がありました。



今回も…たくさんのウロコが目から落ちました。


一番落ちたのは…パター!



パター!

パター!

パター!



プロからパターの打ち方、考え方などをお聞きして…私は鳥肌が立ちました。


やっぱ…凄い!

こりゃ…凄い!



次回の極意にでも(^^)v

必見です。




♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング



パターの距離感の作り方…これ、無茶苦茶大事ですよ!

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


本日もアクセス、ありがとうございます!


関西オープンでも上位入賞し、ツアーでもドライビングディスタンスに
上位に入る…そんなプロからの直伝!




パターの極意の続きです(。・ω・)ノ゙



パターが苦手な方は多いのではないでしょうか?


私も…その一人でした…過去形です。


そう…

プロから直接教わって…パターが…まず、好きになりました!


好きこそ上達の近道??


まったくそのとおりだと思います。



苦手…嫌い…入らないだろうな…入るわけないか…


そんな心理は最悪ですね。


で…


好き!楽しい!ワクワクする!入れるぞ!!入った!!!


てな感じでパットをやって下さい。



それと…


距離感をつくりましょう。



5段階の距離感を。



プロも5つの距離感を使い分けています。



グリップの位置が…ズボンのどのあたり?

あるいは、右足の靴のどのあたり??



そう…



私たちがよくやっていた距離感の作り方は、パターヘッドが

どの辺りにくるかどうかではかっていたと思います。



じゃなく!


ヘッドじゃなく、グリップで位置をコントロールすること。


これって、ボウリングの狙い方と同じですね。




遠い…先のピンを狙うために…

ピンを狙うのではなく、手前にあるピボットを狙う!


そこを通せば、自ずとボールは転がってピンに当たる!



ゴルフも同じです。



手元のグリップがどこにあるか、どう動くかで…


全てクラブヘッドに影響している。



つまり、クラブヘッドを意識するなら、グリップの動きを
意識したほうがいい。


スイングも同じです。



パターは、距離が一番短いショット。

パターは、一番スイングが小さいショット。



そのパターこそ、ヘッドの軌道を意識するより、グリップの
軌道を意識する!



ゆっくり振ればいいんです!!


参考になりましたでしょうか!



次回は…ラウンド後の報告…極意の続きです。

また、お立ち寄りください!


【プロから直接教わった安定100切りの極意(その4)】


♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


本日もアクセス、ありがとうございます!


関西オープンでも上位入賞し、ツアーでもドライビングディスタンスに
上位に入る…そんなプロからの直伝!


先日、一緒にラウンドしたときに、たくさんの極意を頂きました。
今週末、またご一緒します。


また、ネタを仕入れてきますね。


で、今日は極意(その4)です。


これです!


***********************************

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その4)】


パターは、5ヤードを基本距離とする!

***********************************


5ヤード…すなわち、4.5mですね。


プロは、パターの距離もヤードで捉えていました。


その5ヤードを基本距離として、ストロークを作っていきなさいと…


基本距離って??


そう思いますね。



プロは、こう表現していました…



練習グリーンで、5ヤードをつくれ!



ラウンド前の練習で、5ヤードの距離を打つストロークをつくると
いうわけです。


5ヤードのストロークを中心に、それよりも小さいストロークで1ヤード、3ヤード

それよりも大きいストロークで8ヤード、10ヤード。


プロは、5つの距離を打てるためのストロークを持っていました。



で?その目安は??



もちろん、
ストロークは左右対称




その振り幅の目安は何だと思いますか?


それは、グリップの位置が、ズボンのどの当たりに上がるか…


ヘッドの位置ではなく、グリップの位置で距離感をはかっていました。



私も試してみましたが…


ちょっとレベルが高い?


だから、スタンスの幅を数段階持って、そのスタンス幅を振り幅と
合わせて距離感を作っています。



基本は、5ヤード。


パターは、本当に大事ですね。

1打は1打。

1ヤードも300ヤードも1打は1打。


また、次回に!


スライス撲滅するために…プロから教わったちょっとしたコツ♪


♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング



スライスでお悩みの方…ちょっとしたコツで、スライスがドローに
変わるなんて??


実際に、私は体験しました。


私も実はスライサー…ずっとアウトサイド・インの軌道。。。

良いときは、フェードボールか、ストレートボールが出るんですが…


悪い癖なもんで、スライスが出るとすぐOB!

よくスコアを崩しています。


でも…

先日、プロを一緒に回ったときに、あるコツを教えてくれたんです。


そのコツを早速プレーで試してみると…



ドロー!

ドロー!

ドロー!

ミラクル3発!


ティーショットでは、全てスライスがフックじゃなく…ドローボール
になりました。


ほんまです(^^)v



そのコツをお教えします。


なんでスライスになるんか…急に大阪弁だす。


いえいえ、なんでスライスボールになるのか…

いろんな原因になりますが…


つまりは、ボールにスライス回転がかかっている。

つまりは、アウトサイド・インの軌道になっている。

つまりは、ボールを打ちにいっている。

つまりは、体がつっこんでいる。

つまりは、力が入っている。

つまりは、ボールを打つ意識が強い。



意識を背骨と足の裏に…そして、ボールへの意識を捨てる!


これだけでもかなり違いますが…


プロは、私にこうおっしゃいました。



「どうしても、ボールを打とうと思ってしまうだろうから…まだまだ
意識がボールにあるなら、仮想のボールを打ちなさい!」



え?仮想のボール?

「そう…左足の前にあるボールじゃなく、右足の前にあるボールを
打ちなさい!」

え?右足の前??


そう…左足の前のボールを打とうと思うから、体が突っ込み、右肩が前に
出たり…

そりゃー、スライス軌道になります。。。


これを…仮想のボールを打とうと思えば…


体は開かない。

右肘が右脇についてくる。

クラブがインサイドから下りてくる。

体が突っ込まない。

ヘッドが返りやすくなる。

等々の状況になり…


結果的には、本当のボールに当たる瞬間には、

クラブの軌道がインサイドアウト。

ヘッドが返っているので、アドレスの再現。



つまりは…

本物のボールを打つときには、仮想のボールを打とうと
思ってスイングすると、本物のボールにクラブが当たる
ときにちょうどいい状態になるということ。。。



お分かりですか?


それで…


もう一つの表現もされました。


グリップエンドがちゃんと背骨(軸)に垂直になるようにスイングして下さい!



スライスが出るときは…グリップエンドが必ず体から外れて…

背骨に垂直になっていないというわけです。



右足の前の仮想ボールを打とうと思えば、右足前でヘッドか返る必要
があります。

ヘッドのチェックです。



ヘッドをチェックするか。

グリップエンドをチェックするか。


ちょっとしたコツですが…


ドローを打ったことがない人は、打てたら感動しますね。

スライス撲滅へ!!

体重移動は無意識に…というよりは、体重は勝手に、自然に移動するもの!



♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング



プロは、こうおっしゃいました。


「体重移動は、意識してやるもんじゃないですよ…自然と移動するもんです。」


と笑顔で答えてくれました。



体重移動は…自然に??



とても分かりやすい説明をしてくれました。



プロからのメッセージです(^^)v


「アドレスは、左右5:5の体重です。ドライバーなら、若干7:3で右足に
体重を乗せて構えることもあるでしょうが…

でも、よく考えてみてください。

たとえ、アドレスで5:5の配分でも、テークバックをすれば…
テークバックした方に体重が移動します。

右打ちなら、右に腕を上げていくだけで…右サイドに体重が移動していきます。

おまけに…

重量のあるゴルフクラブを上げていくわけですから…

当然、右の方に体重が移動します。


トップの位置では、体重は7:3。


アドレスでわざわざ意識して移動させておかなくても…オートマチック(自動)。


で、トップから切り替えしてダウンスイングに入っていき、腕とクラブが体の前を
移動すると同時に…


体重移動も起こってきます。


もし、体を使って体重移動を意識してやってしまうと…

腕も、クラブも…追いついてこない…つまりは、スライスの原因ともなる。


グリップエンドが、常に体に向いている。。。


その状態だと、必ずクラブヘッドは、ターンしている証拠…


体重移動は、クラブが移動すれば、体重移動は自然と起こります。


でも…

遠くに飛ばすための体重移動なら…


野球選手でバッターも、ピッチャーも…無意識に体重移動を行って
ボールを遠くに飛ばす、早く投げる行為を行っていますが…


ゴルフスイングも、無意識でスイングできるに越したことはなく…


体重移動も無意識に…


最近のクラブは、なおさら…意識して体重移動を起こして飛ばす必要
がないくらい飛ぶ…


できるだけ意識するものをなくしましょう。


できるだけ、体の前で…ボールを捉えましょう。


そのとき…

やはり、スイングでは、背骨と足の裏に意識を。。。


意識する箇所は、背骨と足の裏。。。


この2つだけです(^^)v

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その3)】


本日もアクセス、ありがとうございます!


関西オープンでも上位入賞し、ツアーでもドライビングディスタンスに
上位に入る…そんなプロからの直伝!


先日、一緒にラウンドしたときに、たくさんの極意を頂きました。


これは、必ず安定100切りに役に立つものだと確信しています。


で、今日は極意(その3)です。


これです!


***********************************

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その3)】


体重は、自然に移動するもの。だから意識するな!

***********************************


飛ばしには、体重移動が必要です。


ゴルフに限らず…


遠くに投げるもの。
早く投げるもの。


そんなときには、必ず体重を移動させ、その体重をボールなどの対象物に
のせて飛ばす、投げる必要があります。


ピッチャーもバッターも…体重移動が大事です。


イチローがあんなに細い体なのに…
遠くまで飛ばすことができるのは…腕力よりも、この体重移動とタイミングの
取り方がうまいからでしょう。


以前は、振り子打法で…もっと、体重移動が分かりやすかったですね。



ゴルフも同じです。

体重移動は大事です。

ボールを遠くに飛ばすためには、体重移動が大事です。

でも…まず、ここで確認すべきことがあります。


それは…



”ゴルフは、遠くに飛ばすスポーツではない!”



この一言につきます。

で…プロからの直伝…体重移動は、するものではない!

勝手に、自然になるものだ!!!!!!!!!!!



体重移動を意識してやると…不自然な動きが出てきます。

もっと言うと…安定しない、一定じゃない!!



で…体重移動を意識する必要がないともおっしゃっていました。


なぜなら…



自然に体重は移動するから!




え?自然に??



この説明は、次回にでも!

また、お立ち寄り下さい!!



♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

意識を足の裏に!足の裏で地面を感じ、自分の体重を感じ…体の重心を感じる!




本日もアクセス、ありがとうございます!


プロから教わった極意のその2…意識をどこに集中させるか…


背骨と…もう一つの集中箇所である、足の裏。



足じゃなく…足の裏です!


裏ということは…地面に接しているところであり、

体の重さを支えているところであり…


重心を感じ取れるところですね。



なぜ?
足の裏に??
意識の集中を???



分かりやすく、プロは教えてくれました。


足の裏に意識を集中するということは…

アドレスしたときに、体重が足の裏のどこに乗っているか…

それにより、体の重心が変わってくるからですね。



ズバリ!

足の裏の…土踏まずの部位に体重が集中していることを
確認(意識する)します。


もし、体重がつま先よりなら…クラブは閉じて下りてきて、
引っ掛けがちのショット。

もし、体重がかかとよりなら…クラブはほぼ、開いて下りてきますから…
まず、間違いなくスライスするでしょう。


そして、確認作業として…


フィニッシュがバランスよく立てているか…よろけないか…


それも、足の裏に意識を集中して、適した箇所に体重が乗っていて、
スイングした後にフィニッシュでしっかりと立てているか…



安定した弾道は、安定したスイングから。

安定したスイングは、安定したフィニッシュから。

安定したフィニッシュは、安定したアドレスから。

安定したアドレスは、安定した加重から。



ということで、意識を「背骨」と「足の裏」に集中してみてください。

そのクセづけ、訓練をしてください。


そして、
ボールへの意識を皆無にして下さい。


プロの極意…その2でした。


次回は、プロの極意、その3!
体重移動についてです。


プロは、どう…体重移動を捉えているのでしょうか?

ご期待下さい!



♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


こちらも応援して下さい♪
↓ ↓ ↓

ゴルフ村

ブログランキング ブログ村

背骨に意識を集中させる!当たり前…スイングはコマが回ることと同じ…その軸は背骨なり!

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


こちらも応援して下さい♪
↓ ↓ ↓

ゴルフ村

ブログランキング ブログ村



アクセス、今日もありがとうございます。


プロ直伝!このシリーズを始めてから、アクセスがうなぎのぼりです。

当たり前ですが…


やっぱ、プロは凄かった。
素直な感想です。



さて…


極意その2にあります…意識を集中する箇所についてのフォローアップ。。。


第一弾は…「背骨」に意識を集中させる!


もう、ボールへの意識はなくなりましたか?


というよりも、意識を無くすことに努めるよりも、違うところに
意識を集中させることに徹してください。



それが、背骨であり、足の裏であると。。。



「背骨」は、言うまでもなく回転運動の軸です。

この軸を意識すること…即ち、回転させること、背骨を中心に
回転させることを意識します。


もっと言うと…


背骨が軸なら、その周りをクラブが回転運動をするにあたり…


背骨とクラブが垂直になっていることを意識します。


もっともっと言うと…


グリップエンドは、常に正対…体を差しています。


グリップエンドが、体から外れないように…軸を中心に垂直に
回転させます。



で…もう一つアドバイス!


ゆっくり振りましょう!
ゆっくりスイングしましょう!!


最後に付け加えさせて頂きます。


ゆっくりスイングしても・・・ボールは飛んでいきますから!!


飛距離よりも安定を!


次回は、足の裏のヒミツです!










【プロから直接教わった安定100切りの極意(その2)】

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


こちらも応援して下さい♪
↓ ↓ ↓

ゴルフ村

ブログランキング ブログ村




関西オープンで常に上位にランクインするそのプロは…

43歳の長身、とても穏やかな表情をされています。


ドライビングコンテストでも、300ヤードを常にかっ飛ばす
ドローヒッター。


間近で見るそのドローは…迫力ありますね。


さて、そんなプロとラウンドレッスン。。。


得たものはとても多く…実りのある実戦ラウンドでした。


また、今月末、ご一緒する機会がありますが…

前回ラウンドしたときの極意を綴っていきますね。



では、第2弾!!




***********************************

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その2)】


アドレスの意識は、背骨と足の裏に集中させる

***********************************




みなさんは、アドレスの重要性を感じていますか?

グリッププレッシャーも無茶苦茶大事ですが…


アドレスも大事ですよね。



で・・・

プロに聞いてみました。

アドレスの意識は…どこにあるの??



答えは、「背骨」と「足の裏」。


まず、ボールへの意識をなくすように指導されました。


ボールに意識が集中すると…

必ずボールを打ちにいくスイングになり…結末は、スライサー。。。。



ブーメランショットが得意?なプレーヤーは、体が突っ込み、
ボールを擦って、スライスになる弱い弾道…


元凶と言ってもいいですが…


ボールへの意識を捨てること!


ご参考になれば幸いです!



次回は…


なぜ背骨?
なぜ足の裏??


この意識の集中箇所について説明したいと思います!


またまた…ウロコ落ちますよ(^^)v

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その1)】


♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


こちらも応援して下さい♪
↓ ↓ ↓

ゴルフ村

ブログランキング ブログ村



タイトルどおり…シリーズ化します(^^)


前回も書きましたが…


***********************************

【プロから直接教わった安定100切りの極意(その1)】


グリッププレッシャーを3割の力で、かつアドレスからスイング中
ずっと一定に保つこと


***********************************


次回、(その2)です。

乞うご期待!!




ムチャクチャ大事なこと教えてもらいました…安定への一番の近道かもしれません

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
こちらもよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング


こちらも応援して下さい♪
↓ ↓ ↓

ゴルフ村

ブログランキング ブログ村




先日、プロと一緒にラウンドすることがありました。

そのプロ…関西オープンでも上位にランクインするほど…

飛距離にしても、ツアープロにも引けを取らないほどのプロです。


ある方のご厚意により、その方(ハンデ12程度)と一緒に
3人でラウンドしてきました。



プロは…最初の3ホールほど、私のスイングや攻め方をじっと見て
いたようです。


そして…4ホール目にして一言、こうおっしゃいました。



『グリッププレッシャーが一定していないですね。』




そして、また…こうおっしゃいました。


『3割の力でずっと…その力を一定にしてスイングして下さい!』




そうです。


決して、ぎゅっと握ってはいけません。

また、握りにムラがあってもいけません。


3割…やさしく包み込むグリップで。


グリッププレッシャーを一定にできるようになると、ショットも安定してきます。

グリッププレッシャーが3割程度の力で握ることができると、ミスショットも減り、

ショットの弾道がスライスからストレート、ドロー系の球が出ます。


ヘッドのターンが自然と出来てくるでしょう。



目からウロコ!!!


絶対に参考にして下さい!


上達の近道・・・でしょう。



次回は、プロから教わったアドレス時の注意点。

2つだけに注意すればいい!



ご期待下さい。
応援ありがとう♪
ゴルフコミュニティ♪
マイ・ウェポン!
【1W】タイトリスト 910D3


【3W】【5W】タイトリスト 909F


【UT】タイトリスト909H 21度


【5I〜PW】 712AP2


【52°・56°・60°】 ボーケイ(TVD)


【PT】スコッティー・キャメロン フューチュラ(33インチ)
上達のヒント!
ご利用下さい♪
最近のトラックバック
たった12時間でドライバー飛距離を39ヤード伸ばした67の秘訣 (ドライバーの飛距離を39ヤード伸ばす67の秘訣!!)
美しきフィニッシュ…
私のお気に入り本
おトク情報
有賀園ゴルフネットトップページ5









にほんブログ村 ゴルフブログへ
動きをチェック!
【Amazon】DVD
あし@
  • ライブドアブログ