加速上達して最短最速で100を切るゴルフ!【プロから直接教わった極意】

プロとの出会いから…私のゴルフは180度変わりました!プロから直接教わった極意を惜しみなくお伝えしていきます!

2009年11月

クラブのフェースローテーションは手の甲の使い方から♪

♪♪【メルマガ】購読者↑↑↑(^^)v現在購読者144名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!
       (*^^*)増え続けています!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属


フェースローテーション…ときどき聞く言葉だと
思います。


雑誌には、よく登場しますね。


ボールにクラブが当たるまで…


ボールにヒットする前と後とでは…

クラブフェースの角度、動作、回転が違っています。


それをローテーションという表現で使っています。


このクラブのフェースローテーションが…

結構大切なんだと、最近つくづく感じるようになりました。



ボールを叩きにいくようなアイアンショットは…

フェースローテーションがどうなっているのか?



というよりも…


フェースローテーションを意識するためには…

何をどうすればいいのか?


ちょっとしたヒントがあります。


近々にメルマガに!!

意識していないところに意識がいくようになりますよ(^^)v

ご期待下さい!144名の方々!


…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

左サイドの壁のカン違い♪

♪♪【メルマガ】購読者↑↑↑(^^)v現在購読者143名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!
       (*^^*)増え続けています!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属


プロのスイングも…
師匠のスイングも…


共通していることがあります。

ドロー系のボールがいともカンタンに打てちゃうことは
言うまでもありませんが…



”軸がはっきりと分かるスイング!”


スイングの中で…軸が見えます。


上級者の方のスイングを見ていると…

必ずどこかに軸を持っています。


その軸はどこなのか?


これは、いろいろ議論があるかと思います。


1軸の方もいれば、2軸の方もいると。


その方がどうスイングをとらえているかによって

違いますね。



ただ…

軸が1本であろうと、2本であろうと…

絶対に共通する軸があります。



それは…


左サイドの軸…よく言われる壁ですね。


プロも師匠も…


その左サイドの壁、軸が凄い!

凄く分かりやすい軸が見られます。


今週発売されていた雑誌にも書かれていましたが…



左サイドの軸を作る、壁を作るときに、カン違いを
してはいけないと…



ダウンスイングからインパクト、そしてフォローにおいては
左サイドの壁、軸が大事になってきますが…


その軸、壁を…

左足の外側じゃなく、内側、つまり内モモに軸が真っ直ぐ

通っていることを意識する。



左足の外じゃなく、内側。

すなわち、左足太もも、付根のところで移動のあった体重を
受けるようになる。


それ以上左に流れると…スウェイ。。。


左足の外側を軸と考えてしまえば…

体も流れてしまう傾向にあります。



だから…



体重移動は左足、太もも内側、付根で受け止める!


外じゃなく、内側です!


…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

腕の通り道を意識すれば誰でもカンタンに打てますよ…♪

♪♪【メルマガ】購読者↑↑↑(^^)v現在購読者143名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!
       (*^^*)増え続けています!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属



体の開きを抑えること!

トップからダウンダウンスイングに入るときに…

体の回転から始動しないこと!

上げたクラブを振り下ろすことを意識し、

腰の回転が同調するが…上半身の回転を抑制する。


上半身ガマン、胸を右に向けたまま…

腰の回転と腕の振り下ろしを実行。


そうすれば…


腕の通り道が…インサイドアウトに!


週末の早朝練習で…実証済み!!



打席で、こすり球で、スライスで悩んでいる自分と

さらば。。。



…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

脱スライス!フックを打ってドローを引き出す!

♪♪【メルマガ】購読者↑(^^)v現在購読者140名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属


結論づけるように言いますが…

スライスしか打てない人は…必ず壁にぶつかり…

必ず悩んでしまい…最後はあきらめてしまうと思います。



師匠と出会い、プロと出会って…

本当にゴルフが上手い(プロには失礼ですが…)、

80台、そして70台を出せる人というのは…

ほぼ100%フック系の球が打てる人で…



フェードがいいとか言われるのは…

フック、ドローが打てる人が言う次元の話で…

フェードを打つには、ボールを捉えた球を打てる人

じゃないと無理で…

つまり、スライスの延長がフェードに成り得ないと

いうことです。



で…

脱スライスから始める必要があります。

100切りなら…スライサーでもいいでしょう。

でも、90切りは難しく、もっと上を目指すゴルファー

なら、どこかでフック、そしてドローを打てるように

なる必要があると思います。



だから、ヒッカケてもいい…

ボールを捉えた、フック系の球が打てるようになる

ことこそ、上達の第一歩のように思える今日この頃。



すると…どう打てばいい?



答えは…前回の続きになりますが…


背中をしっかりと目標に向けたテークバック、そしてトップ

を作った後は、その上半身の状態を維持しながら、先にクラブ

を振り下ろしてくる!



状態を維持しながらとはいえ、クラブが振られることに

つられて…体は回転を始めますが…


クラブの通り道が腕の通り道なら…


体が開かず、まだ正面から右を向いている状態でクラブが

ダウン、そしてインパクトを迎える軌道を確認すると…


インサイドアウトに、自ずとなるはずです。



理解できます?

クラブの通り道は、腕の通り道。



真正面でクラブを左右に振ると…インサイドインのきれい(?)な

軌道になるはずです。


この軌道をインサイドアウトにするためには…

体を多少でも右に向ければ…なりますよね。



ということは…


その状態をダウンスイング中につくることができれば…


自ずとインサイドアウトの軌道になるはず。



だから…



トップにあがったら、体を回転しはじめるよりも…

腕を先に下ろし始める…そのときは、胸を右に向けたまま…


クラブが下りてくると…体も引っ張られるように回転して

いきますが…

体から回転させていない分だけ…体の開き抑えた状態で、

インパクトを迎えられる。。。



腰は…先に回転させてもいいですが…体(上半身)は…

右に向けたまま…先にクラブを下ろすことを意識してみる。



すると…



フック、ひょっとしたらドローの球が出るかも!!



脱スライスなくして…80台は望めません!





…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

右を向いたまま振り下ろす♪

♪♪【メルマガ】購読者↑(^^)v現在購読者140名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属


久しぶりの更新です。

お待たせしてすみません^^;



毎日100を越すアクセスも…ありがとうございます!



さて…本日は…雑誌に載っていた、有効な練習方法を。。。



タイトルどおりです。



「右を向いたまま…ダウンスイングをやってみる!」


テークバックします。

しっかりと背中がターゲットと正対するくらいに、しっかりと

肩をまわし、背中を目標に見せます。


そして、トップオブスイング。


トップからは…ここでトライ!


体の回転を起こす前に…

状態をそのまま残したまま…腕だけ振り下ろしてきます。


状態は…右を向いたまま…

クラブを下ろしてきます。


そして…いっきに振り切る!



体が開いていない分…

クラブはインサイドからアウトに抜けていきやすく
なります。


これは…フックを体感でき…

うまく打てれば…ドローが出るでしょう。



注意は…やはり、頭を残すこと。

そして…体の前傾角度を維持すること。



雑誌には…

タイガーと遼くんの比較があり…

両者が右を向いたままダウンスイングに入っている

様子が語られていました。



気分はタイガー?それとも遼くん??


一度、お試し下さい!



…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
応援ありがとう♪
ゴルフコミュニティ♪
マイ・ウェポン!
【1W】タイトリスト 910D3


【3W】【5W】タイトリスト 909F


【UT】タイトリスト909H 21度


【5I〜PW】 712AP2


【52°・56°・60°】 ボーケイ(TVD)


【PT】スコッティー・キャメロン フューチュラ(33インチ)
上達のヒント!
ご利用下さい♪
最近のトラックバック
たった12時間でドライバー飛距離を39ヤード伸ばした67の秘訣 (ドライバーの飛距離を39ヤード伸ばす67の秘訣!!)
美しきフィニッシュ…
私のお気に入り本
おトク情報
有賀園ゴルフネットトップページ5









にほんブログ村 ゴルフブログへ
動きをチェック!
【Amazon】DVD
あし@
  • ライブドアブログ