♪♪【メルマガ】購読者↑↑↑(^^)v現在購読者143名♪♪
  docomo,au,softbank…携帯メールいずれもOK!
       (*^^*)増え続けています!

↓ ↓ ↓

連日のアクセス…

ありがとうございます!


そして、いつも応援…感謝してます!


感謝です(^^;
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
上位上昇祈願



ありがとうございます(^^;



【私を劇的に変えたプロは…】
アコーディア・ゴルフ所属


プロのスイングも…
師匠のスイングも…


共通していることがあります。

ドロー系のボールがいともカンタンに打てちゃうことは
言うまでもありませんが…



”軸がはっきりと分かるスイング!”


スイングの中で…軸が見えます。


上級者の方のスイングを見ていると…

必ずどこかに軸を持っています。


その軸はどこなのか?


これは、いろいろ議論があるかと思います。


1軸の方もいれば、2軸の方もいると。


その方がどうスイングをとらえているかによって

違いますね。



ただ…

軸が1本であろうと、2本であろうと…

絶対に共通する軸があります。



それは…


左サイドの軸…よく言われる壁ですね。


プロも師匠も…


その左サイドの壁、軸が凄い!

凄く分かりやすい軸が見られます。


今週発売されていた雑誌にも書かれていましたが…



左サイドの軸を作る、壁を作るときに、カン違いを
してはいけないと…



ダウンスイングからインパクト、そしてフォローにおいては
左サイドの壁、軸が大事になってきますが…


その軸、壁を…

左足の外側じゃなく、内側、つまり内モモに軸が真っ直ぐ

通っていることを意識する。



左足の外じゃなく、内側。

すなわち、左足太もも、付根のところで移動のあった体重を
受けるようになる。


それ以上左に流れると…スウェイ。。。


左足の外側を軸と考えてしまえば…

体も流れてしまう傾向にあります。



だから…



体重移動は左足、太もも内側、付根で受け止める!


外じゃなく、内側です!


…ポチッとお願い致しますm(_ _)m
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ