加速上達して最短最速で100を切るゴルフ!【プロから直接教わった極意】

プロとの出会いから…私のゴルフは180度変わりました!プロから直接教わった極意を惜しみなくお伝えしていきます!

100切り鉄則

ネバーアップ・ネバーイン…


あなたもお聞きになったことがあると思います…
ゴルフが大好きな方なら一度は必ず…

ネバーアップ・ネバーイン
そう…“カップに届かないボールは絶対入らない”というの意味ですね。

パッティングのとき、カップを通り過ぎるくらいに強めに打たなければならないという格言です。
ショートには入る可能性はゼロだか、オーバーは可能性があるということですが…
しかし、通り過ぎたボールも絶対入らないという真理も知るべきだと思います。

では、どうしてオーバーは良いのかというと、ショートは未知のラインが残り、オーバーは既知のラインが残るからだとよく言われます。
そのためには、カップを通り過ぎて行くボールが静止するまでの間、転がるボールから目を離さないことが重要であると…。

でも、これってかなりレベルが高い話だと思います。
それに、100もなかなか切れない人が…パットをいつも強めに打っていると、もちろん偶然にも入ることがあるかもしれませんが、返しのパットもはずし3パット、4パットであっという間に100切りも不可能になってしまいます。
それに、転がるボールをずっと目で追っかける、とりわけカップを通り過ぎたあともボールを見ているほど冷静にプレーなんかできていない…
「あっ!入らなかった…」と“入る”“入らない”の観点しかないため、返しのパットも
まったくラインなんて頭に入っていない…

かの有名なトップアマである兄弟、和田さんもある雑誌でもおっしゃっていました。
パットがオーバーしても、下りのラインは残さない…」
私もよくやりますが、上りのパットをしっかりうって…カップをオーバー、その返しが下りのため…非常に難しく…またカップオーバー…また上りのパット…それで入って3パット。

たった数mで3打も叩いてしまう…これじゃ安定して100切りなんて無理ですよね。

私の“我流でも安定して100を切るゴルフ”におけるパッティング鉄則…

100切り鉄則 : パットは入れにいかない
そして…
2パット目は上りのラインを残す

これを実践してみたいと思います。
この議論については、いろいろ考えが違うと思いますね。
あなたはどうでしょうか?


〜〜〜 感謝です! 〜〜〜
いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
本日もよろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
ブログランキングへ1票!

100切りの鉄則(2)〜ショットの工夫〜

前回のつづきです。

当ブログ【我流でも安定して100を切るゴルフ!】において
以下を定めます!

100切りの鉄則【1】 朝一のティーショットでOBを打たない!

そのための対策として、
【メンタル 1−1】
■大叩きしなければ良いと割り切る!
【メンタル 1−2】
■出だし3ホールは、ボギー!ボギー!ボギー!

ここまで前回は書きました。
そして、今回は、この鉄則【1】を実現するために“ショット”について
書かせて頂きます。

私はずっと、朝一のティーショットも、いつもと同じアドレス、スタンスで
構えていました。
でも、朝一のショットで一番注意すべきことは…
自分が思っているほど“体がまわらない”“肩が入らない”という状況がよく起きます。
いくら朝早く練習場に立って練習しても…朝一はやはり緊張感が伴うと思います。

緊張すると…筋肉がかたくなってしまう…体がまわらなくなる…
変に力んでしまう…リズムが悪くなる…手打ちになる…


全てにおいて、悪循環になります。
こんな事態を少しでも回避したいとずっと思っていました。

そこで、普段あまり練習の行けない方、ラウンド数も少ない方には
特にオススメしたい“朝一ティーショット”の対策があります。

それは…
体のまわらない朝一だから、体のまわりやすいアドレス、スタンスを工夫する。
すなわち、通常よりスタンスを狭くとる
そして、できるだけゆっくりテークバックすることで、体を少しでも多くまわし、
肩を入れやすくする。
そして、ミスしてもケガの少ない(あまり飛ばない)フェアウェイウッドを使用する。

まとめると…

100切りの鉄則【1】 朝一のティーショットでOBを打たない!

【ショット 1−1】
スタンスは通常よりも狭く!
【ショット 1−2】
いつもよりゆっくりテークバックする!
【ショット 1−3】
ドライバーを避けてフェアウェイウッドを持つ!

どうでしょう…
練習量に不安のある方にオススメです。

これで、何とかOBを避けましょう!
目指すは…ボギー!ボギー!ボギー!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、人気blogランキングにご協力ください。
以下をクリックして頂ければポイント加算!
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
blogランキングへ1票!

100切りの鉄則(1)〜ボギー!ボギー!ボギー!〜


朝一のティーショット…あなたはいつもどうですか?
いつも“グッド・ショット”が打てていますか?

私はあまり記憶にありません…数えるほどしかありません。
OBなんて何度も経験しています。そんな日は…結果的に叩いています。
そして終わって、帰る車の中でいつも反省するんです…

OBは打ったらダメだな〜」と…。

そう…安定して100を切るためには、いかにOBを打たないか…
とりわけ、OBの多い…体の回らない朝一のティーショットは要注意です。

今週発売のゴルフTODAYからです(p26)。
出だし3ホールと上がり3ホールで、大叩きしないコツを教えます
とっても興味深い内容です。
この中に“メンタル”のことが書かれていました…朝一のショットについてです。

ジェットこと、尾崎健夫プロが語っています。
「強引な攻めに走って大叩きしてしまうのを避けるべきで…小叩きするのはOK
と割り切ること!出だしの3ホールをボギー!ボギー!ボギー!の設定で確実
にスタートしましょうよ。決して大振りしないで…」


極めつけは、兄・ジャンボこと、尾崎将司プロの教え…
「1番ホールで最高のティーショットを打つより、
18番ホールで最高のティーショットが打てるようになれ!」



朝…ティーグラウンドに立ったとき、欲が出ますよね〜。
「よし!気持ちよくスタートするために…」
なーんて考えて…力んで“ファーーーーーーーーー”
もうガックリ…しかも、次のセカンドショットまで尾を引く…

経験ありませんか?

私のこのブログ【我流でも安定して100を切るゴルフ!】
まさに、朝一のティーショットでいかにOBを減らすかが鍵かもしれません

次回は、その朝一ティーショットにおける対策について
書かせて頂きます。

安定して100を切るために…これだけは
ご期待下さい!


〜〜〜 お願い 〜〜〜
コメントやトラックバック!お願い致します。
また、人気blogランキングにご協力ください。
以下をクリックして頂ければポイント加算!
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓
blogランキングへ推薦!
応援ありがとう♪
ゴルフコミュニティ♪
マイ・ウェポン!
【1W】タイトリスト 910D3


【3W】【5W】タイトリスト 909F


【UT】タイトリスト909H 21度


【5I〜PW】 712AP2


【52°・56°・60°】 ボーケイ(TVD)


【PT】スコッティー・キャメロン フューチュラ(33インチ)
上達のヒント!
ご利用下さい♪
最近のトラックバック
たった12時間でドライバー飛距離を39ヤード伸ばした67の秘訣 (ドライバーの飛距離を39ヤード伸ばす67の秘訣!!)
美しきフィニッシュ…
私のお気に入り本
おトク情報
有賀園ゴルフネットトップページ5









にほんブログ村 ゴルフブログへ
動きをチェック!
【Amazon】DVD
あし@
  • ライブドアブログ